Dragon Ash、初となる台湾でのワンマンライヴが大盛況!

okmusic UP's / 2014年11月18日 17時0分

11月15日@Legacy TAIPEI (okmusic UP's)

11月15日(土)、Dragon Ash初の台湾でのワンマンライヴが行なわれた。

【その他の画像】Dragon Ash

今回のライヴは台湾のアパレルブランド、REMIXがその創立10周年を記念して企画、彼らの熱い要望で実現したDragon Ash初となる台湾でのワンマンである。バンドは過去に幾度となく台湾でのフェス出演やライヴのオファーを受けるも、開催直前に台風などのアクシデントによって中止になるなど、訪台はなかなか実現できない状況が続いていたが、今回バンドにとって念願叶っての公演となった。ライヴのタイトルは「Dragon Ash TOUR“THE SHOW MUST GO ON" in TAIPEI」。日本で行なわれたアルバムツアーの海外公演と位置づけられた。

バンドは台湾到着後、まずはライヴに先駆けて現地マスコミに向けて記者会見を行なった。会見にはテレビ、ラジオ、新聞、WEBメディアなど100人近くのマスコミが集結、現地での関心の高さが窺える。そして、バンドのフロントマンであるKjはこの訪台タイミングで地元の2大ストリートファッション誌『BANG!』と『CooL』に表紙&インタビューで登場するなど、日本と同様にストリートファッションのアイコン的な存在となっている。

会場は台北市中心地にあるLegacy TAIPEI。元酒造場をリノベーションして作られた、華山藝文特区(ハナヤマゲイジュツセンター)にあるライヴハウスである。正午の段階ですでに19時の開演予定時間を待ちきれず、普段はなかなか入手することのできないグッズの販売を待つ100人を超える現地ファンの列も見られた。

午後7時10分、予定時間を10分ほど過ぎた頃に場内が暗転し、待ちに待ったライヴが開演。スタートは日本のツアーではおなじみとなっているアルバム『THE FACES』のイントロダクションである。場内に野太い歓声が上がる。Dragon Ash初訪台となるこの瞬間を待ちに待った台湾のファンの反応は凄まじく、のっけから壮絶な盛り上がりとなった。BOTSのDJプレイからHIROKI(Gt)、ATSUSHI(Dancer)、DRI-V(Dancer)、桜井誠(Dr)、KenKen(Ba)、Kj(Vo&Gt)が登場。1曲目はもちろん「The Show Must Go On」だ。桜井の太く跳ねるドラムビートにKjの「What's up? Taipei」の掛け声が重なって、再び大歓声があがる。彼らのライヴはいつもどおり、音がとにかくデカいのだが、それでいてまったくうるさくない。すべての楽器演奏の調和が最高のグルーヴを作り出して、ノリノリで踊れるのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング