大森靖子、おとぎ話ら「タワレコメン」ゆかりのアーティストが共演

okmusic UP's / 2014年11月20日 18時30分

11月19日@恵比寿・LIQUIDROOM(大森靖子) (okmusic UP's)

1979年のタワーレコード日本上陸以降、タワーを支えてきたファンへの35年間の感謝と共に、音楽やアーティストの持つ魅力をライヴという形で改めて伝えるアニヴァーサリーライヴ企画『TOWER RECORDS 35th Anniversary Live! EBISU 6DAYS』。タワーが展開するキャンペーン/イヴェント/フリーマガジンを各イヴェントのタイトルに冠し、11月17日から22日までの6日間連続で恵比寿・LIQUIDROOMにて開催中の同企画が、3日目を迎えた。ここでは、『DAY.3~スペシャルタワレコメン~』と題された11月19日のイヴェントの模様をレポート。

【その他の画像】大森靖子

タワレコメンは、全国のタワーレコードのスタッフが、己の耳と直感だけを基準に世間で話題になる前のアーティストの作品をピックアップし、全店的なプッシュへと繋げるタワーの名物企画。今回は、そんなタワレコメンに選出されたさまざまなアーティストのなかから、スタッフ一押しの4組が集結したスペシャルな一夜となった。

トップを飾ったのは、大阪発の3人組で、新世代ギターバンドの注目株として精力的な活動を展開しているコンテンポラリーな生活。3人とは思えない爆音を響かせた冒頭の「死なない声を探す」をはじめ、ジャキジャキと切れ味の鋭いギター、ゴリゴリでブっといベース、疾走する場面でもズッシリとした重みでボトムを支えるドラムスのアンサンブルでガッチリとフロアをロックしていた。最後に、今月にリリースされたばかりの初フルアルバム『ヘドが出る前に』のタイトルトラック「ヘドが出る前に」を演奏。多くの観客に“もっと観たい”と感じさせたであろう、あっという間のステージに目を奪われっぱなしだった。

続いて、10年以上のキャリアを持ちながら、どこか少年性を漂わせる音世界で多くのファンを魅了しているおとぎ話が、お揃いのスーツでビートルズ「Good Night」に乗りながら登場。バスドラムやアンプを装飾する電球の灯りがほんのりとサイケ感を漂わせるなか、ライヴはちょっぴりセンチメンタルな「少年」でスタート。「ネオンBOYS」「Boys don't cry」といった人気曲や、ファーストシングル「KIDS」、さらにフロントマンの有馬和樹に煽られた(?)牛尾健太のギターソロコーナーを挟みつつ、来年1月にリリース予定の新アルバム『CULTURE CLUB』の収録曲「COSMOS」でフィニッシュ。ロックンロールの魔法に魅せられうっとりするオーディエンスの姿も印象的だった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング