宇多田ヒカル、デビュー15周年記念のソングカバーアルバムが早くも大好評!

okmusic UP's / 2014年12月9日 15時30分

アルバム『宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-』 (okmusic UP's)

各方面で注目を集めている宇多田ヒカルのデビュー15周年記念企画ソングカバーアルバム『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』がデビュー記念日となる12月9日にいよいよ発売された。

【その他の画像】宇多田ヒカル

すでに先行配信されていた4曲以外のすべての楽曲が聴けるようになり、早くもiTunesのアルバムランキングでは1位を獲得! 宇多田ヒカルのファンだけでなく、各参加アーティストのファンからも絶賛の声が飛んでいる。そして、本作の特設サイトでは、デビュー15周年のファイナルを迎えたことを祝した各業界関係者からのおめでとうコメントを公開中なので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、12月11日(木)にはアルバム参加アーティストの一人、tofubeatsをゲストに迎えたInterFM特番『宇多田ヒカルNOMAD』公開収録イベントをタワーレコード渋谷店で開催! tofubeatsによるDJプレイ「tofubeats special mix for hikki」もあるとのこと。詳細はタワーレコード渋谷店のHPへ! なお、このtofubeatsによるDJプレイはタワーレコードのUSTチャンネル「タワレボ」で、12月12日(金)22:00よりオンエア予定。

さらに、『宇多田ヒカルのうた-13組の音楽家による13の解釈について-』のプロモーション企画では、さまざまな分野のクリエイターが宇多田ヒカル、もしくは彼女の楽曲をテーマに独自に表現した作品を特設ページで公開しているが、今回アルバムの発売を記念して、その作品のひとつ、キタイシンイチロウ(DEVILROBOTS)が書き下ろした宇多田ヒカルのキャラクターを活用したAR企画がスタートした。

無料ARアプリ「ARAPPLI(アラプリ)」を使って、『宇多田ヒカルのうた』のジャケット(もしくはキタイ書き下ろしイラスト)をスマホでかざすと、3D化されたキャラクターが「Automatic」に合わせて踊り始めるというもの。公開は2月いっぱいまでの期間限定でとてもかわいいので、ぜひ試してみてほしい。「ARAPPLI」は価格無料で、iOS端末(iOS7以上)、Android端末(Android4.0以上)に対応している。タブレットは未対応。

そして、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のテーマソングとしておなじみの宇多田ヒカルの楽曲「Beautiful World」がユニバーサル・スタジオ・ジャパンの期間限定イベント「ユニバーサル・クールジャパン」の中で公開する『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』のエンディングに起用された。『エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D』とは、シアター型アトラクション「ユニバーサル・スタジオ・シネマ4-D」に、パークでしか見られない完全オリジナルストーリーを期間限定で搭載したもの。エヴァンゲリオン史上初の4Dアトラクションが実現することになる。現在、特設サイトで映像の一部を公開中だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング