ソナーポケット、アリーナツアーファイナルを開催

okmusic UP's / 2014年12月28日 16時0分

12月27日@さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP's)

12月27日にさいたまスーパーアリーナで、ソナーポケット初の全国アリーナツアー「ソナポケイズム ARENA TOUR 2014 ~年末特大号SP!!~」が大盛況の内にツアーファイナルを迎えた。

【その他の画像】ソナーポケット

会場暗転後、宇宙誕生を思わせるスペイシーな映像でライブがスタート。1曲目はアニメ「ワールドトリガー」のオープニングでもお馴染みの「GIRIGIRI」、eyeronのアクロバティックな見せ場が光る2曲目の「Cry Cry Cry」とアップナンバーで一気にさいたまスーパーアリーナを一つに。

三者三様の自己紹介の後、「一人残らず笑顔にして帰します!」とko-daiが宣言し、3曲目の「LOOOP」に突入。曲中、イリュージョンのように客席のあちこちにko-daiチームとeyeronチームがダンサーと共に現れると、間近で2人の歌う姿を見た観客は大いに喜んだ。7曲目の「タノシマセ隊!!!」では脚長ピエロや大道芸人といったコンサートのステージではあまり見ない人たちがステージに登場するなど、“楽しませたい度200%"の演出が炸裂。様々な芸が披露される中、元々ベーシストだったmattyがチョッパーベースをプレイし大歓声を浴びた。

続く8曲目の「ファンファーレ!」ではブラスバンドとチアリーダーがステージでソナポケと共に圧巻のパフォーマンスを披露。華やいだ空気を一気に会場に広めた後、あくまでもソナポケのko-daiとは別人だと言い張っている恒例のDJ ko-chanコーナーで会場の空気は一転して和やかに。2012年8月の武道館ライブに登場して以降、ツアー毎に新しい事にチャレンジしてきたDJ ko-chanは、今回ドラマ映像の監督に初挑戦。彼が監督した映像とeyeronが「涙」で、ko-daiが「失恋 ~君は今、幸せですか?~」でコラボするという斬新な演出で悲しい恋を歌い上げた。

「好きだよ。~100回の後悔~」を生ピアノで情感たっぷりに歌い上げた後、ダンサブルなビートに乗ってブサカワキャラクター・ソナポケマンが登場し、会場全体をWAVEで大いに盛り上げ12曲目の「ソナポケ☆DISCO」がスタート。メンバー、キャスト、観客が一体となり定番のダンスを踊りボルテージは最高潮に。

本編ラスト15曲目の「笑顔の理由。」では、「小さな力も繋がって協力しあえば大きな力になる」という今回のツアーの壮大なテーマを具現化するかのように、ソナポケアクロバット、ソナポケコーラス、ソナポケチアリーディング、ソナポケ大道芸パフォーマー、ソナポケオーケストラ、ソナポケブラスバンド、ソナポケピアニスト、ソナポケJr、ソナポケダンサーズの面々が客席からステージに登場。ソナーポケットの3人を含む総勢114人のキャスト全員が登壇し感動のフィナーレを迎えた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング