flumpool、初の単独カウントダウンライブにてアルバムリリースを発表

okmusic UP's / 2016年1月1日 13時30分

12月31日@横浜アリーナ (okmusic UP's)

flumpoolが12月31日、横浜アリーナにて単独では初となるカウントダウンライブ『flumpool COUNTDOWN LIVE 2015→2016「ヒツジの皮を被ったサルたちの歌合戦」』を開催した。

【その他の画像】LEGO BIG MORL

12月30日と31日との2日間にわたって開催された、同ライブ2日目となるこの日の公演は「申の新年会」と題し、初の単独野外LIVEの成功、劇場アニメの主題歌担当など、充実した2015年を締めくくり、新たな年をファンと迎えるべく盛大に行なわれた。

LIVE冒頭にステージに登場したのはLEGO BIG MORL。今回、flumpoolメンバーの小倉誠司が怪我のため残念ながら出演を見合わせることになったというピンチに、以前自分たちの復活を支えてくれた盟友への恩返しの思いを込めての出演だった。ギターのタナカヒロキは「彼らが僕らの力を求めるならば全力で応えるのがLEGO BIG MORLだと思っております。全力でやらせてもらいます」とコメントしていたが、その言葉通り、気持ち、気合の入ったパフォーマンスを繰り広げ、得意のMCでも観客を盛り上げる。flumpoolの楽曲「labo」をカバーするなど、盟友への“気遣い"も忘れず、会場を一つにしていた。

そして、いよいよflumpoolの登場。横浜アリーナには1年の締めくくりをメンバーと過ごそうと、全国各地から集った数多くのファンで会場は超満員。 「会いたかったぜ横浜〜!!」とボーカルの山村隆太がオープニングで歓喜の声を上げるとオーディエンスもそれに応え割れんばかりの大歓声を返し、ライブがスタート。冒頭のMCでは「大晦日は大事な仲間と過ごしたい日。だから今日は大切なみんなが来てくれたことが本当に嬉しい」と山村隆太が訪れたファンに喜びを語り、今年8月にリリースされた「夏よ止めないで 〜You're Romantic〜」を披露。向日葵を連想させる黄色のライティングなどで、師走のこの時期を一気に夏色に変えていく。ライブ中盤では、今回の目玉企画とも言えるリクエストランキングも発表され、ランキング上位の楽曲を演奏。楽曲が発表される度に大歓声が上がり、ランキング1位の「流れ星」が発表されると、悲鳴にも似た歓声も巻き起こり、ファンは大満足な表情を浮かべていた。

「ビリーバーズ・ハイ」ではステージ後ろに張り巡らされた一面のLEDに、星空が映し出され、まさに「小宇宙」にいるようなスケール感のある演出。サポートドラムを務めた神宮司治(レミオロメン)が高揚する心音のようなビートを刻み楽曲の世界観をドラマティックに際立たせる。磯貝サイモン(Key)も、楽曲への深い理解を武器に、時に華やかに、時には締め付けるような音色を操り、随所で存在感を光らせるなど、サポート陣の好演にも目を奪われた。頼もしいバックを従え、さらに攻撃的な演出も登場。ステージ前方から火柱が上がるド派手な特効とレーザー飛び交う中での新曲「夜は眠れるかい?」だ。このカウントダウンライブで初披露となった新曲だが、阪井一生(Gt)の衝動的なギターサウンドを軸にしたスリリングでエッジーなサウンドが場内を埋め尽くす。尼川元気(Ba)も芯の強いグルーヴで屋台骨を支えながら、スタンド席の観客にもしっかりと気持ちを届けていた。また途中、阪井が滝 廉太郎作曲による童謡「お正月」をコールアンドレスポンスでファンとの一体感を楽しむコーナーも。「みんなが知ってる名曲行こうかな」と阪井がレミオロメンの「粉雪」のワンフレーズを歌唱すると裏返った歌声に会場が笑いに包まれた。

okmusic UP's

トピックスRSS

ランキング