いときん(ET-KING)、癌性心膜炎のため逝去

OKMusic / 2018年2月1日 12時45分

J-POPユニット・ET-KINGのリーダーとして牽引してきた、いときんが1月31日(水)11時28分に癌性心膜炎のため大阪府内の病院で亡くなったことが発表された。享年38歳。通夜式、葬儀告別式についても発表された。

いときんは2017年8月に肺腺がんを患っていることを公表し、ライブ活動を休止して治療に専念する中、2017年12月28日には大阪・Zepp Nambaで行なわれた全国ツアー『えびす巡業~出稼ぎ篇~』のファイナル公演に出演。ファンの前でパフォーマンスを披露していた。4月25日(水)にリリースされるET-KINGのニューアルバム『LIFE』は、いときんもレコーディングに参加している。

■ET-KING オフィシャルHP
http://www.et-king.com/

■【通夜式・葬儀告別式について】

式場:やすらぎ天空館(大阪市阿倍野区阿倍野筋4-19-115)
通夜式:2月03日(土)19時00分~
葬儀式:2月04日(日)10時30分~12時00分



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング