箏アーティスト・LEO、ニューアルバム発売&リリース記念ライブ決定

OKMusic / 2018年7月10日 17時0分

(okmusic UP's)

“箏(こと)アーティスト”LEO(今野玲央)が、アルバム『玲央 Encounters:邂逅(かいこう)』を8月1日にリリースすることを発表。そのCD発売記念ライブを8月30日にTOKYO FMホールにて開催することが決定した。

LEO(今野玲央)は、日本人の母とアメリカ人の父の間に生まれながら、驚異のテクニックと表現力で箏を巧みに弾き、日本を代表する邦楽コンクールで史上最年少で最優秀賞を受賞した箏アーティスト。2017年にアルバム『玲央 1st』でCDデビューし、また東京藝術大学邦楽科に入学し日本の伝統文化の根本から学ぶ。2018年4月にはMBS『情熱大陸』“ハタチの情熱”に出演し、大学での厳しい下積みを乗り越えて新たな表現の可能性を求め成長する姿に、問い合わせが殺到した。

そんな話題沸騰なLEOの、8月1日発売の2ndアルバム『玲央 Encounters:邂逅』(全7曲)は、進化し続ける瑞々しい感性の新星が、情感豊かに奏でる箏曲アルバム。9歳で箏に出会ってからコンクールで演奏した曲、気鋭のヴァイオリニストやあるいは大学の同年代や出身校の後輩との緊張感ある共演曲、そして才能あふれる作曲者や編曲者とのコラボレーション等、たくさんの“すばらしい出会い(邂逅)”が、見事に結実した作品となった。

7月18日からは、本アルバムから映画『千と千尋の神隠し』のオープニング曲をカバーした「One Summer's Day(あの夏へ)」と、八橋検校の古典箏曲「六段」とシューベルトの名曲「セレナード」が美しく共存する斬新な箏とヴァイオリンとのデュオ演奏曲「邂逅-六段とSerenadeによる-」の2曲を、レコチョクにて先行ダウンロード販売をスタート。

そして8月30日に開催される『玲央 Encounters:邂逅』発売記念ライブ は、東京・半蔵門のTOKYO FMホールにて行なわれることが決定した。ゲストにはアルバムにも参加した髙木凜々子(ヴァイオリン)を迎え、「邂逅-六段とSerenadeによる-」「鏡」「土声」などを演奏予定とのこと。チケットは、7月10日(火)正午より、コロムビアミュージックショップにて受付がスタートしているので、ぜひチェックしてほしい。

アルバム『玲央 Encounters:邂逅』

2018年8月1日発売



COCJ-40413/¥2,222+税
<収録曲>
■CD
01.邂逅-六段とSerenadeによる-
02.箏のためのアラベスク
03.三つの詩曲 第1楽章
04.第2楽章
05.第3楽章
06.土声 第1楽章
07.第2楽章
08.ファンタジア
09.鏡
10.One Summer's Day(あの夏へ)

『玲央 Encounters:邂逅』CD発売記念ライブ

8月30日(木) 東京・TOKYO FM ホール
出演:LEO/ゲスト出演:高木凜々子(ヴァイオリン)
<チケット>
全席自由前売券¥3,000/当日券¥3,500
■コロムビアミュージックショップチケット販売
7月10日(火)12:00~
https://shop.columbia.jp/shop/e/eleo2ndcdlive/



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング