コブクロ、宮崎県で開催した20周年記念ライブで「桜」を大合唱

OKMusic / 2018年9月17日 15時30分

(okmusic UP's)

9月8日に結成20周年を迎えたコブクロが9月16日、小渕の地元である宮崎県にて20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を行なった。

20周年を祝うように、数日前から宮崎市内や空港はコブクロのフラッグや展示物で彩られ、街中がお祝いムード。会場には、全国各地からコブクロの20周年をお祝いしようと宮崎へ集まったファン約25,000人が集結し、当日は30度を超える暑い宮崎をさらに熱く魅了する記念すべきライブが繰り広げられた。今回の会場である宮崎市生目の杜運動公園 多目的グラウンドでのライブは2010年10月10日以来、2回目。20周年という事で久々に宮崎の大型会場にて8年ぶりの開催となった。(宮崎でのワンマンは1年ぶり)

14:55に開演し、メンバーが登場すると会場一帯が温かい拍手で包まれた。オープニングに披露されたのはこの日の為に制作され「“オープニングソング」。歌詞には《20年》《ありがとう》《宮崎》というワードも入った感動的な楽曲で、みんなと一緒に20年を祝いたいという二人の思いと20年分の感謝が伝わり、ファンからは驚きとともに大歓声があがった。

続く1曲目の「君という名の翼」から、会場を埋め尽くすファンが手を振り上げてステージの二人に大きな声援を送る。2曲目の「Summer rain」ではステージから空に向け、一直線に高く上がった水の柱が水しぶきに変わり会場へ降り注ぐ。続いての「太陽」では、小渕、黒田、それぞれがフロートに乗り込み、広い会場をまわり、序盤から一気に会場全体を盛り上げた。『ただいまー!!』と大きな声で宮崎へ戻ってきたことを全身で喜ぶ小渕に対し、『ここから半分がファンでここから半分が小渕の親戚やろ?』と黒田が応えるいつもの笑い溢れるMCも健在の二人。晴れ渡る青空の下、終始、熱い盛り上がりが会場を包んだ。

野外ライブの為、アップテンポな楽曲が多めのセレクトとなったライブだが、コブクロの醍醐味でもある心に響くバラードでは、20年の思いを込めた心温まる歌声で、会場に集まったたくさんのファンを魅せた。その他、周年ライブにふさわしい楽曲「時の足音」や宮崎のために作られた楽曲「太陽のメロディー」を披露。『この曲は、8年前、口蹄疫で宮崎が大変だった時、元気な宮崎が悲しそうに見えて何か元気づけられることはないか、と宮崎の先輩である今井美樹さん、布袋寅泰さんと共に作り上げた楽曲。大切な宮崎の歌であるこの曲をコブクロ二人で披露するのは初めてです』と小渕が話し、2010年のライブでは、布袋寅泰と今井美樹が駆け付け4人で披露された楽曲を、今回は2人の歌声で会場へ届けた。

小渕が宮崎への想い、母への想いを強く込めた曲「遠くで・・」では、演奏前に大ビジョンで一番会いたいけれど一番遠くにいる母に向け『いつまでも遠くで聴いていてほしい』と思いを込めたメッセージが流される演出が感動的であった。

ライブ本編最後に、結成のきっかけとなった「桜」を歌唱。『僕たちの始まりのこの楽曲をみんなが育ててくれた。今日はみんなで歌いませんか?』と小渕がファンに投げかけると、しっとりと大事に歌い上げる二人の声に合わせ、会場からの歌声が次第に大きくなる。この演出は過去一度もなく、コブクロとファンの声が重なり合う、初めての「桜」の大合唱となった。

アンコールでは、20周年を迎え、新しいコブクロを感じてもらいたいと、11月7日に発売となる30枚目のシングル曲「風をみつめて」をファンの前で初披露。続いて、小渕がMCで『この20年、黒田の歌を世界中の人に聴いてほしい。そんな変わらぬ思いでやってきました。20年かけて僕らがやってきたエッセンスを、全て詰め込んだ楽曲です』と、この日の為に制作されたという20周年記念ソング「晴々」を歌唱し、ファンを喜ばせる場面も。この曲は20周年をお祝いするような明るい華やかな楽曲で、歌詞の中にコブクロの楽曲名20曲分と歌詞の引用が散りばめられたファンにとってはたまらない楽曲だ。こちらは現在各サイトにて配信中なので、気になる方はSPOT映像とともに是非チェックしてほしい。

20年目も一緒にいてくれてありがとう。

小渕、黒田の連名で大ビジョンに流されたメッセージからも伝わるように、コブクロの20周年をみんなで祝う盛大なバースデーパーティのようなライブ。最後には大ビジョンに小渕手書きのメッセージイラストが出て、集まった多くのファンを送り出し、ライブ後には地元の宮崎日日新聞の号外も配られるという20周年にふさわしいステージとなった。

コブクロは、12月5日に初のコンプリートベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』の発売が決定している。20周年を記念して、これまでの全シングルやファンから支持の高いアルバム曲などから〝隠れ名曲〟や、大ヒットコラボソングも収録した4枚組CDに58曲3400円という大ボリュームな内容。11月には黒田の地元・大阪にて『御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ』の出演が決定しており、これからの活躍に目が離せない。20周年イヤーのコブクロに要注目だ。

【セットリスト】
OPENING 
01 君という名の翼
02 Summer rain
03 太陽
04 ストリートのテーマ
05 ONE TIMES ONE
06 hana
07 未来
08 太陽のメロディ
09 遠くで・・
10 時の足音
11 tOKi meki
12 SPLASH
13 虹
14 轍-わだち-
15 桜
-アンコール-
16 風をみつめて (2018年11月7日リリース 30thシングル)
17 晴々 (2018年9月17日より配信)

配信楽曲「晴々」

各配信サイトにて配信中



iTunes Storeで「晴々」をご購入いただくと、iTunesでしか入手できないスペシャル映像【「晴々」ムービーコメント[特典映像]】が付属します。
https://kobukuro.lnk.to/Harebare

シングル「風をみつめて」

2018年11月7日(水)発売



WPCL-12953/¥1,204+税
<収録曲>
M1. 風をみつめて    
※テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム」主題歌
M2. 夏の雫
M3. 白雪
M4. 風をみつめて(Instrumental)
M5. 夏の雫(Instrumental)
M6. 白雪(Instrumental)

『御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ』

11月04日(日)大阪 御堂筋 [久太郎町3 交差点 ⇔ 新橋交差点]
時間:14:00~16:00開催(予定)
※結成20周年を迎えたコブクロが登場し、誕生の地・大阪への感謝の思いを胸に、スペシャルライブを展開します。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング