頭脳警察、50周年イヤーに向けて2枚組のライブアルバムをリリース

OKMusic / 2018年9月20日 16時0分

(okmusic UP's)

日本のロック市場における伝説的バンド、頭脳警察が来年迎える結成50年に向けてのリレーポイントとして、2枚組ライブアルバム『BRAIN POLICE RELAY POINT 2018』を9月19日にリリースした。

今回発売されたアルバムは、1月13日にマウントレーニアホール渋谷 PLEASURE PLEASUREにて行われたライブと、5月16日に横浜赤レンガ倉庫1号館3 Fホールで行われたライブ音源が収録された2枚組で、今から46年前に発売された『頭脳警察セカンド』に収録予定だった「だからオレは笑ってる」(未発表曲)も収録。さらには「はちみつぱい」との共演ライブの音源も収録されている。また、9月29日には、このアルバムの発売を記念したイベントを渋谷LOFT9にて開催する。

頭脳警察は1969年12月にPANTAとTOSHIによって結成され、当時、共産主義的な革命運動が激化する時代背景の中、日本語による過激な歌詞と自由なメロディーは、当時の若者の叫びであり、圧倒的な支持を得た。1972年3月に発売されたファーストアルバム『頭脳警察1』は歌詞の過激さから発売中止となり、続く1972年5月に発売されたセカンドアルバム『頭脳警察セカンド』は収録された9曲のうち3曲が放送禁止となり、さらに1ヶ月余りで回収から発売禁止と相次ぎ、いつの間にか反体制の象徴となった。 しかし、その一人歩きしたイメージとは裏腹にオールドテイスト&パンキッシュなロックンロール、さらにはバラードも取り入れ、前衛的な日本語によるロックを展開。数々の伝説的ステージと6枚のアルバムを 残して1975年に解散。その後、1990年に再結成するも1991年に活動休止。2007年には再々結成を果たし、現在バンド、ソロ共に活発な活動を行い、いよいよ来年2019年には結成50周年を迎える。

アルバム『BRAIN POLICE RELAY POINT 2018』

2018年9月19日発売



TECH-50526〜50527/¥4,630+税
<収録曲>
■Disc-1:『赤い煉瓦の上から』
01.銃をとれ!〜マラブンタ・バレー
02.軍靴の響き
03.暗闇の人生
04.ふりかえってみたら
05.お前と別れたい
06.それでも私は
07.いとこの結婚式
08.だからオレは笑ってる(未発表曲)
09.さようなら世界夫人よ
10.コミック雑誌なんか要らない
(2018年5月19日 横浜・赤レンガ倉庫1号館3Fホールにて収録)
※頭脳警察 : PANTA (Vocal、Guitar) / TOSHI (Percussion)
TAKUMI KIKUCHI (Guitar) / JIGEN (Bass) / CHERRY (Drums): M-1〜5、10
GUEST : HARUO CHIKADA (Keyboard) : M-9、10
■Disc-2:『焼けた煉瓦の下から』
01.(朗読:アメリカよ)〜時代はサーカスの象にのって
02.風の旅団
03.銃をとれ!
04.少年は南へ
05.歴史から飛びだせ
06.サラブレッド
07.悪たれ小僧〜挿入曲: NOT FADE AWAY〜
08.さようなら世界夫人よ
09.万物流転
(2018年1月13日 東京・マウントレーニアホール渋谷にて収録)
※頭脳警察 : PANTA(Vocal、Guitar)/TOSHI(Percussion)
騒音寺:Nabe(Backing Vocal/Harmonika/Guitar)/Tamu(Guitar)/
こーへい(Bass)/あやた(Drums)

アルバム『BRAIN POLICE RELAY POINT 2018』発売記念トーク&ライブ

9月29日(土)  渋谷・LOFT 9
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 ¥ 4,000 / 当日 ¥4,500 (+1Drink order)
出演:頭脳警察(PANTA/TOSHI)
ゲスト:大槻ケンヂ
司会:椎名宗之(Rooftop)
問い合せ:LOFT 9 Shibuya(03-5784-1239)



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング