浜端ヨウヘイ&寺岡呼人、2マンツアーが終幕

OKMusic / 2019年6月22日 17時0分

写真

(okmusic UP's)

6月19日に東京・渋谷eplus LIVING ROOM CAFE&DININGにて、『浜端ヨウヘイ&寺岡呼人ツアー2019 ~新時代~』の東京公演が開催された。このライブは2019年1月にメジャーデビューを果たした浜端ヨウヘイとプロデューサーの寺岡呼人(JUN SKY WALKER(S))の二人による弾き語りツアーで、6月1日に二人の出会いの地である高知・X-pt.公演からスタートし、この日で19日間10公演に渡る全行程を見事完走した。

開演時刻ぴったりに場内の照明が落ち、このツアーの為に作られた新曲「新時代のテーマ」のイントロが流れ出すと、満員の客席からはリズムに合わせて手拍子が沸き起こった。大きな拍手に迎えられて寺岡と浜端がステージに登場し、そのまま生演奏で「新時代のテーマ」がスタート。二人のギターと歌声が重なり、客席のボルテージは一気に高まる。

浜端の挨拶に続いて寺岡が“相方の寺岡呼人です!”と、まるでおなじみのコンビのように名乗ると会場からは笑いが起き、さらに“2マンツアーというと、だいたいは別々にステージに上がってそれぞれの曲をやりますが、我々はほぼ9割一緒です。ほぼ“ゆず”です!”と畳み掛けると、会場はさらに盛り上がった。

続いて、アップテンポなナンバー「ミラーボール」(浜端ヨウヘイ)、ピースフルな雰囲気が会場を包み込む「スマイル」(寺岡呼人)とそれぞれの曲を二人で歌い分けながら披露し、まるで長年コンビを組んでいたかのような息ぴったりのセッションを披露。それぞれのソロコーナーを挟み、再びステージに二人が揃ったところで8月7日にリリースが決定した浜端ヨウヘイのメジャー2ndシングルの表題曲「もうすぐ夏が終わる」が演奏された。

寺岡は“浜端くんと出会った時、監督が役者によって気持ちを掻き立てられるような……例えば黒澤明監督が三船敏郎さんと出会った時にもきっと感じたであろう、そんな感情を彼に感じて。この声で時代の移り変わりを歌ってほしいと思って「カーテンコール」を作りました。そして、今度はどんな作品を歌ってほしいか考えた時に、夏の終わりに“お盆”をテーマにした歌はどうだろうと思って作ったのが、この曲です”と、プロデューサーの自らを“監督”になぞらえて制作のいきさつを紹介。

一方の“役者”である浜端は“夏の終わりに寂しさや切なさを感じるのは四季のある日本独特だと思うので”と話し(即座に寺岡から“それ、僕が言ったことだから!”と受け売りであることをツッコまれつつ……)、“この曲の歌詞は「カーテンコール」から物語が続いているような、そんな気もしています。ニッポンの夏の定番ソングになったらいいなと思っています”と思いを語り、浜端のヴォーカルとピアノ、寺岡のアコースティックギターとコーラスで、ダイナミックでどこか懐かしい、心に沁みるバラードを歌い上げた。

なお、この新曲披露の部分に限りYouTube Liveで生配信を実施。会場に来られなかった多くのファンからも新曲の感想やコメントが多数寄せられた。

このツアーでは“一切の出し惜しみはしない!”ということで、ニューシングルに収録されるカップリング曲「北野坂」「停戦合意」の2曲ともを早々と披露。また、この日のライブには浜端と公私ともに親しく、メジャーデビューシングルにストリングスアレンジや演奏で参加したアコーディオン奏者の桑山哲也が飛び入りし、「溝の口セレナーデ」「カーテンコール」(浜端ヨウヘイ)など3曲をともに演奏。ツアーファイナルならではのサプライズに観客も大喜びの中、最後に二人の出会いの楽曲「夜曲」(作詞・作曲:寺岡呼人/オリジナル:矢野真紀)を歌って全10公演の二人旅の幕を閉じた。

以前、寺岡のツアーに浜端がゲスト参加した際、ライブの合間に曲作りをしたことがきっかけで企画された今回の2マンツアー。この19日間の行程の中でもホテルの部屋や楽屋などで二人膝を突き合わせて曲作りを行ない、中にはできたばかりの曲をさっそくライブで披露したことも。そうしてこの旅の中で生まれた楽曲たちが私たちの元に届く日を楽しみに待ちながら、まずはニューシングルをじっくりと味わいたい。

シングル「もうすぐ夏が終わる」

2019年8月7日発売



MUCD-5356/¥926+税
<収録曲>
1.もうすぐ夏が終わる
(作詞:寺岡呼人/作曲:浜端ヨウヘイ・寺岡呼人/編曲:寺岡呼人)
2.停戦合意
(作詞:寺岡呼人/作曲:浜端ヨウヘイ/編曲:寺岡呼人・浜端ヨウヘイ)
3.北野坂
(作詞:寺岡呼人/作曲:浜端ヨウヘイ/編曲:寺岡呼人・浜端ヨウヘイ)
4.もうすぐ夏が終わる(instrumental)

『Augusta Camp 2019』

9月15日(日) 山梨・富士急ハイランド コニファーフォレスト
Open 12:00 / Start 14:00
<出演>
杏子、山崎まさよし、岡本定義(COIL)、 あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、 長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストル、松室政哉、 村上紗由里
<チケット>
指定席¥8,640(税込)
後方ひな壇指定席¥9,000(税込)※クッション付
後方フリーエリア¥9,000(税込)
※整理番号付、エリア内自由、レジャーシート付
一般発売日:7月13日(土)10:00



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング