三阪咲、自身初となる無観客生配信ライブで12曲を披露&新作EPのリリースを発表

OKMusic / 2020年7月27日 12時15分

写真

(okmusic UP's)

現役高校生シンガー三阪咲が、7月25日(土)に自身初となる無観客生配信ライブ『RAISE YOU UP!Live Streaming2020 in Summer』をEX THEATER ROPPONGIで行い、圧倒的な歌声とパフォーマンスを披露した。

本来なら6月〜7月にかけて、全国5箇所を巡るライブハウスツアーを開催する予定だったが、新型コロナウィルス感染拡大のため中止となり、応援してくれている皆さんにしっかりと音楽を届けたいという本人の強い想いを受け、ツアーファイナルを行う予定だった場所であるEXTHEATER ROPPONGIから生配信ライブを開催する形となった。

ライブでは、アンコールを含め自身のオリジナル曲のみで構成された全12曲を、生バンドによる演奏で披露した。実際のライブ会場での開演前のアナウンスを彷彿とさせる盛り上げから始まり、本編のオープニングナンバーを飾ったのは、ライブタイトルにもなっている歌詞から始まる、「We are on your side」。彼女の真骨頂であるパワフルで、全てを歌声で吹き飛ばし前進していく強さを感じさせる楽曲で、1曲目からアクセル全開で始まり、EDM調の楽曲「ヒラヒラ」を生バンドによるアレンジが加わり更に高揚感を煽った。その後、長引く雨季のシーズンにもピッタリなナンバー「空梅雨」や雨の世界を表現した新曲を披露し、本来であれば観客で埋め尽くされていたはずの客席エリアにただ一人立ち、漂う白煙の中、エモーショナルにロックバラードの「繋げ!」を熱唱。そして、今年4月に配信リリースした「私を好きになってくれませんか」や新曲「StaRting PoiNt」も初披露しダンスをする姿も見せた。本編ラストの「Say Good Night」では、星空の中で歌唱しているかのような幻想的な照明の中、あまりにも早すぎる終演を惜しむような歌で濃厚なライブパフォーマンスとなった。

本編終了後は生ライブ同様にアンコールが影アナウンスによって煽られ、コメント欄がアンコールの書き込みでいっぱいになったところで、三阪咲がステージに再登場。そこでは、重大発表と称し、三阪咲から「10月7日(水)に2nd EP発売決定しました!」とサプライズ発表した。2020年下半期の音楽活動に向けた想いをしっかりと伝え、アンコールで2曲を披露。ラストを飾った「今だけは好きなものを好きでいたい」で、ボルテージが最高潮に達し、画面を通して、三阪咲らしい高いエネルギーに満ち溢れたパフォーマンスと、どんな状況でも楽しむことを忘れてはいけないと思わせてくれる圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた。

生配信中に視聴者からライブを絶賛するコメントや、三阪咲に対する声援が次々と書き込まれ大いに盛り上がりをみせ、また、翌日7月26日(日)いっぱいまで、アーカイブ配信もされていたこのライブを何度も観て泣いたなどの声もあり、画面越しではあったが、生ライブ同様の高揚感や彼女から伝わる熱い想いを受け取った多くの反響が寄せられた。

そして、7月27日(月)正午より10月7日(水)発売の2nd EPの予約が開始しているので、ぜひともチェックしてほしい。

EP『タイトル未定』

2020年10月7日(水)発売



【通常盤】(CD)
BSRC-1002/¥1,600(税別)
<収録曲>
私を好きになってくれませんか
StaRting PoiNt
その他・収録曲未定




この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング