IVVY、生配信されたワンマンライブで初アルバムの年内リリースを発表

OKMusic / 2020年8月9日 13時0分

写真

(okmusic UP's)

IVVY(読み:アイビー)が8月8日(土) 、リアルタイムで生配信されたワンマンライブ『IVVY ONEMAN LIVE –AWAKE-』を中野サンプラザにて開催し、全国のファンが見守る中、キャリア初となるフルアルバムを年内にリリースすることをサプライズ発表した。結成5年目にして初となるアルバムのタイトルは、今回の公演名と同じ「AWAKE」。コロナ禍においてIVVYがどうあるべきか? 音楽、ダンスの力で世界に何を伝えられるのか?というメンバーの強いメッセージが込められている。

ライブはアルバムリード曲「AWAKE」から始まり、アルバムにも収録予定の「Rock city」「軌跡」「Freeze」「A:live」などの新曲が初披露された。そして、全18曲の本編終了後、アンコールにてリーダーHIROTOから「去年の東名阪ツアーのファイナル、マイナビBLITZ赤坂以来約10ヶ月が経ちましたが今日は嬉しい報告を持ってきました!どうしても僕たちの口から言いたくて…IVVY初となるアルバムが年内発売決定しました!!本当にみなさんのおかげでここまで来れて、絶対に満足してもらえる内容になっているので、楽しみに待っていてください!!」とアルバム発売をサプライズ発表。政府や各自治体の新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに沿って実施された会場内では、収容定員数を50%に収め、間隔を開けた観客席に声援禁止という状況であったものの、ファン待望のアルバムリリース発表に、会場は大きな拍手で包まれた。
 
最後にメンバーから一言ずつの熱いメッセージが届けられた。最年少メンバーTAIYUは「これまで当たり前だと思っていた日常が奪われてしまい、個人的にも辛い事があったり悩んだ事もあったけど、会えないこの期間でもメンバーと話し合って、みんなで乗り越えよう!と笑いあった事で、より一層このメンバーと一緒に活動ができてよかった」とメンバーへの熱い想いを、ラッパーKENTO.iは「ファンの皆さんは宝物です!感謝の気持ちを伝えたいという想いでこのライブに挑みました」とファンへの熱い想いを語った。

さらにTOSHIKIは、「泣きそう…」と涙を浮かばせながら、「改めて自分のやりたい事を、この期間に再確認できました。改めて一人で考えて、僕はステージで歌を歌って、パフォーマンスを通して、みんなの力になりたい事が僕のやりたい事。」と伝えた。

今年、舞台公演を控えていたが惜しくも公演中止となったYU-TAは、「2020年はIVVYにとって気合を入れた年であったけど、この期間で挫折しかけたこともあり、ツアーや色々なものが無くなり、皆さんの楽しみも奪ってしまいました。自分自身も日々の目標を失いかけたけど、辛い時も、楽しい時も、どんな時も音楽と共に過ごしてきました。僕たちが先陣を切って、どんなに辛い日々でも、勇気を皆さんに発信していきます。」と語った。

そして最後にリーダーHIROTOは、「この先の未来に光があると信じて、僕たちと一緒に前を向いて歩いて行きましょう。手を取り合って笑顔で行きましょう。」とファンへのメッセージを届け、最後にNTT西日本CMソングにも起用され、ライブのラストナンバーとして定着のあるバラード「With you」を披露。メンバーの熱い想いと、久しぶりのライブ公演に様々な想いが交差し、会場は涙と感動に包まれた。

年内発売の「AWAKE」は、収録曲含め詳細は後日発表となっている。リリースした作品が全てオリコンの週間ランキングTOP10入りを果たし、今最も勢いのあるDance&Vocalグループによる渾身の1st.アルバムに注目だ。

【セットリスト】
AWAKE
SHOW~昇~
Rock city
Mirage
MORE
Alice
軌跡
One love –piano ver-
JOK3R
Higher
Pain
First&Last
Freeze
WINK
Brand New Day
A:live
We like party
Light on fire
With you



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング