いきものがかり、自身初のデジタルフェスが大盛況

OKMusic / 2020年9月20日 11時30分

写真

(okmusic UP's)

いきものがかりが9月19日(土)、自身初のデジタルフェス『いきものがかり結成20周年・BSフジ開局20周年記念 BSいきものがかり DIGITAL FES 2020 結成20周年だよ!! 〜リモートでモットお祝いしまSHOW!!!〜』を開催した。

今年結成20周年を迎えたいきものがかりは、この度の新型コロナウイルス感染拡大の影響により、4月から予定していた全国ツアー『いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! 2020 〜結成20周年だよ!! WE DO!!!〜』全公演を延期、9月から予定していたアリーナツアー『いきものまつり2020 〜結成20周年だよ!! お祝いしまSHOW!!!〜』全公演を中止することを発表している。記念すべき年にファンへの感謝の気持ちを今できる形で届けたいというメンバー・スタッフの想いから、アリーナツアー初日を予定していた9月19日(土)にオンライン配信にてイベントを行うことを決定し、2018年11月の集牧後にスタートした初の冠番組『BSいきものがかり』(BSフジ・毎週火曜日23:30-23:55 / 10月より毎週土曜22:30~22:55)の縁から、開局20周年という同じ節目を迎えた同局協力のもと、今回のデジタルフェスの開催が実現した。

森山直太朗、緑黄色社会、Creepy Nuts、どぶろっく、Mr.シャチホコもゲスト出演し、それぞれのパフォーマンスのみならず、いきものがかりとのトークセッションやこの日だけの貴重なコラボパフォーマンスも披露。また、いきものがかり結成20周年を祝うべく、ゆず、秦基博、Superfly、上白石萌音など、いきものがかりとかねてより縁のある豪華ゲストからコメントも寄せられるなど、音楽あり・お笑いありの約4時間半の生配信で視聴者を沸かせた。

いきものがかりのライブは「笑ってたいんだ」でスタート。続く「キミがいる」演奏後、MCで水野は「オンラインではありますが、一生懸命ライブを届けたいと思います。」とコメント。ライブ中盤ゲストの森山直太朗とお互いの楽曲(いきものがかり「帰りたくなったよ」・森山直太朗「さくら(独唱)」)をセッションしあうコラボが実現。「気まぐれロマンティック」では長屋晴子(緑黄色社会)との共演も。さらに、ライブの定番曲「ブルーバード」や代表曲「YELL」を立て続けに披露。デジタルフェスを締めくくるアンコールでは、「じょいふる」を披露しフィナーレを迎えた。

メンバーの吉岡は「ライブを見てくださっている皆さんの力を借りて、こんな状況の中でも新しい一歩を踏み出せたことを嬉しく思っています。これからも楽しいことを少しでも見つけて、一緒に頑張っていきたいと思っています」とメッセージを送った。

SNS上では「暖かい楽しい時間をありがとう!」「涙が止まらない」「普段のライブとは違う楽しさがあってすごく幸せ」といった投稿が寄せられ、Twitterでも#BSいきものがかりがトレンド入りするなど大反響が!

このライブの模様は、9月20日(日)22:00までアーカイブ視聴が可能。チケットをお持ちの方はもちろん、9月20日(日)18:00までにチケットをご購入いただければ、今からでもお楽しみいただける。

また、この4時間半におよぶデジタルフェスの模様を2時間半に凝縮し、10月18日(日)にBSフジにて放送されることが決定。是非こちらの放送もお楽しみに。

■『BSいきものがかり DIGITAL FES 2020』公式サイト
https://www.bsfuji.tv/bsikimono/
■チケットぴあ(PIA LIVE STREAM)
https://w.pia.jp/t/ikimonogakari2020/

■【水野良樹 コメント】

ライブを通してカメラの先に、画面の先に見てくださっている皆さんがいることが、僕らや演奏する者に力を与えてくれると感じました。これを糧にしてまた作品を作ったり、ライブをしたりと活動をしていきたいと思います。皆さん、健康に気をつけてまた会いましょう!



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング