yukaDD(;´∀`)、自身初の関係者限定ライブを開催&メジャーデビューアルバムのリリースをサプライズ発表

OKMusic / 2020年11月27日 21時0分

写真

(okmusic UP's)

yukaDD(;´∀`)が11月26日(木)、BillboardLive TOKYOにてコンベンションライブをおこなった。

1月に、配信シングル「CarryOn」でワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビュー、しかしコロナの影響により2020年なかなかライブができない中、満を持してのライブ開催となった。

「グラミー賞を目指せるアーティスト」を発見したいというプロデューサー・JinNakamura氏の強い想いから開催された全国オーディションで見出されたyukaDD(;´∀`)。

そんな夢への挑戦の途中の彼女ともリンクする、“自身が置かれている現状から駆け上がろうと挑戦し、理不尽に屈しない強い気持ち・自信”をテーマに作られた「BubbleUp(Chinese Ver.)」から幕が開けた。

重厚なサウンドの中、照らし出す赤や紫のライトが黒い衣装に身を包んだyukaDD(;´∀`)を妖艶に映し出す。

圧倒されるパワフルな歌声もさることながら、グローバルでの活躍を見据えてレッスンに励んでいるという中国語にも驚かされる。

続いて披露されたのは、この音源を聞いた各国のワーナーミュージックの重役が「日本にもこんな素晴らしい楽曲を歌えるアーティストがいたのか!」と言わしめたという「HIGHSCHOOL FUNK!!!」。

真っ赤な衣装へと切り替わり華やかさが増した中、高らかなシャウトから曲がスタート。yukaDD(;´∀`)のもう一つの魅力である、ダンスが惜しみなく盛り込まれたアッパーソングとなっており、彼女自身も今までライブができなかった鬱憤を晴らすかの様に楽しみながら歌っているのがダンスや動きから伝わってくる。

しっとりとしたピアノに続いて披露されたのは、クリスティーナ・アギレラのカバー曲「Beautiful」。

10歳の時たまたま聴いて衝撃を受け歌手を志し、オーディション時もカバー曲を歌ったところ、JinNakamura氏に「完璧なフロウでぶちかまされ、衝撃を受けた」と言わしめ、yukaDD(;´∀`)というアーティストが誕生するきっかけともなったクリスティーナ・アギレラ。

そんな彼女の楽曲を幻想的な照明の中、想いを込めしっとりと歌い上げる。

最後に披露されたのは、11月25日に配信がスタートしたばかりの新曲「Superhero(JapaneseVer.)」。

’君のためにヒーローになりたい’と「一歩だけ前に踏み出す勇気」を歌った楽曲で、パワフルで感情豊かな歌声が会場全体を包み込んだ。

昨今のご時世もあり、4曲という限られた時間ではあったが、しっかりとアーティスト・yukaDD(;´∀`)の魅力を感じることができたコンベンションライブだった。

2021年3月17日に、1st メジャーデビューアルバム「21×21」をリリースすることもサプライズ発表され、これからますます目が離せないyukaDD(;´∀`)。

ライブでいち早く圧倒的な歌声とパワフルなダンスを体感してほしいが、今はグッと堪えて音源とMusicVideoで来たる日までの予習をして楽しんでもらいたい。

Photo by 中條のぞみ

『yukaDD(;´∀`)コンベンションライブ』
<セットリスト>
M1. Bubble Up(Chinese Ver.)
M2. HIGH SCHOOL FUNK!!!
M3. Beautiful(クリスティーナ・アギレラ カバー)
M4. Superhero(Japanese Ver.)

配信シングル「Superhero」

2020年11月25日(水)



■配信URL
https://yukaDD.lnk.to/Superhero

<配信楽曲>
01.「Superhero」(JapaneseVer.)
02.「Superhero」(EnglishVer.)
03.「Superhero」(ChineseVer.)



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング