1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 音楽

五十嵐ハル、SNS再生数900万再生突破した楽曲「めんどくさいのうた」を配信リリース

OKMusic / 2024年1月31日 11時0分

写真

(okmusic UP's)

五十嵐ハルの新曲「めんどくさいのうた」が1月31日に配信リリースされた。

五十嵐ハルは“元警察官”という異色の経歴を持つシンガーソングライターで、作詞・作曲・編曲・歌唱・イラスト・動画編集・MV制作の全てをこなす。曲作りのきっかけは“生活の中での憂鬱な気持ちを吐き出したいという思い”からと語っており、人々の日々の生活の中での不満や不安を代弁して叫んでくれているかのような楽曲をこれまでに数多く発表し、多くのリスナーから共感を得ている。警察官となった後も音楽活動が諦めきれず、音楽の道へ進むことを決意し、日々音楽制作に打ち込みSNSを中心に作品を発表し活動をしてきた。2023年7月12日にデジタルリリースされた「パズル」のミュージックビデオが各SNSで反響を呼び、楽曲の再生数だけでなくフォロワー数も急増している今注目のアーティストだ。

そんな五十嵐の新曲「めんどくさいのうた」は本人のTikTokとインスタグラムのアカウントに投稿している動画の再生数だけでも900万再生を突破している楽曲で、“先生どうしたらいいの?”とストレートな投げかけから始まるサビは、学生だけでなく毎日が辛く苦しくとも今を精一杯生きる全ての人の想いを代弁してくれているかのように歌い上げている。

また、配信と同時に「めんどくさいのうた」のリリックミュージックビデオも公開されている。監督はこれまでに数多くのアーティストのグッズ、ロゴデザインなどを手掛けてきている注目のクリエーターのmito。ミュージックビデオでは可愛らしいロボットが描かれており、“ロボットは人間と違って誰かが指示を出してくれるから羨ましい”という想いと“結局は人間に操られているちょっとかわいそうなロボット”という想いが込められている。

■【五十嵐ハル コメント】

全部面倒で嫌になってそんな自分も嫌で、ため息が出るような感情を吐き出した曲です。
人生が難しすぎるせいでまた大切な曲が生まれてしまいました。

配信楽曲「めんどくさいのうた」

2024年1月31日配信



https://lnk.to/Mendokusainouta

作詞/作曲:五十嵐ハル
編曲:五十嵐ハル、石田勇喜



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください