鈴木奈々が弟子入り志願、「ゲッツ」のあの人が芸能界の生き残りをアドバイス

ORICON NEWS / 2018年6月14日 16時15分

尊敬する「怪盗ナゲッツ」と並び笑顔の鈴木奈々(右) (C)oricon ME inc.

 タレントの鈴木奈々が14日、都内で行われた日本マクドナルド『スパイシーチキンマックナゲット』商品発表会に出席。新商品を味わうとともに、尊敬する「怪盗ナゲッツ」から芸能界を生き抜くためのアドバイスを受けた。

【写真】ハイヒールなのにガニ股! 渾身の「ゲッツ」見せる鈴木奈々

 鈴木は、『スパイシーチキンマックナゲット』を思わせる真っ赤なタキシードに身を包んで登場。正体不明のソースハンター・怪盗ナゲッツを尊敬しているため、「怪盗ナナゲッツ」となり、弟子入りしたいとこの会場までやってきたのだった。

 ナゲットが大好きという鈴木は、同商品を試食すると「ちょっとピリ辛だけどおいしい!」と連呼。さらに『辛さ増し増しスパイシーソース』と『優しさ増し増しサワークリームオニオンソース』をつけて食べようとするも、その瞬間に怪盗ナゲッツが登場。黄色いスーツ姿の怪盗ナゲッツは、おなじみの「ゲッツ&ターンアンドおひさしブリーフ」のギャグを披露した。

 鈴木は憧れの人の登場に興奮し、今度は2人で一緒に「ゲッツアンドターン」。しかし、鈴木があまりにも「ゲッツ」を連発しすぎたために、怪盗ナゲッツが「もっと出し惜しみしてよ」とダメ出しをする場面もあった。

 「芸能界は大変な世界なのに、ずーっと生き残っているから、すっごく尊敬しています」と鈴木は怪盗ナゲッツをべた褒め。怪盗ナゲッツは、「芸能界で生き残りたいなら、役割を頑張っていれば大丈夫」「テレビに出て、うまくトークできなくても落ち込むのではなく、できないものだと思っていればラクになる。それが私の生きる道」とアドバイスすると、鈴木は「しみました」と先輩のアドバイスを真摯に受け止めていた。

 そんな鈴木だったが、イベント終盤ではあろうことか尊敬する怪盗ナゲッツを「ゲッターズさん」とゲッターズ飯田と間違えて呼んでしまい平謝り。怪盗ナゲッツは、「マスクはしてるけど、占いはできないから!」と焦り、会場は笑いに包まれた。

 結局、鈴木は怪盗ナゲッツに拒否され、弟子になることは叶わなかった今回。それでも「残念ですけど、必ずリベンジします!」と今後につながるやる気を見せた。

 新味『スパイシーチキンマックナゲット』は6月20日より期間限定発売。怪盗ナゲッツが出演するテレビCMは、6月19日から放送される。また、マクドナルド公式TwitterアカウントのフォローとRTでクーポンがもらえる『#チキンマックナゲット食べくらべキャンペーン』は、6月15日から6月19日まで応募可能。

ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング