吉本坂46が握手会初体験 個別売上暫定1位は新喜劇の小寺真理

ORICON NEWS / 2019年2月4日 19時45分

吉本坂46が握手会を初開催

 吉本芸人46人からなるアイドルグループ・吉本坂46が2日、東京ビッグサイトでメジャーデビューシングル「泣かせてくれよ」(昨年12月26日発売)のリリース記念イベントとして初の握手会を開催した。

【写真】ココリコ遠藤、銀シャリ鰻らが握手会初体験

 昨年末にリリースされたデビュー曲がオリコン週間シングルランキング3位を獲得し、アイドルとして新たな一歩を踏み出した吉本坂46は、メンバー46人のうち38人がアイドルの定番イベント「握手会」を初体験することに。どれだけの人が来場してくれるのかと心配していたメンバーの不安をよそに数多くのファンが訪れ、持ちネタやトークで楽しませた。

 ミニライブも行われ、ダンス選抜ユニット・REDが「君の唇を離さない」、ベテラン芸人ユニットのビター&スイートが「抱いてみるかい?」、3人組ユニット・POP MONSTERが「やっとここまで」を披露し、トレンディエンジェル斎藤司とスパイク小川暖奈がWセンターを務める選抜メンバーも「泣かせてくれよ」を熱唱した。

 メンバー個人別の売り上げ中間順位も発表され、暫定1位の小寺真理(吉本新喜劇)は「大阪で新喜劇をやっているんですが、こんなふうに別の形で皆さんの前でパフォーマンスできて、とてもよかったです」と感激。最終順位(3月31日締切)でTOP5入りしたメンバーにはハワイ旅行などの豪華賞品が贈呈される。キャプテンの河本準一(次長課長)は「吉本坂46は各チームそれぞれの色があります。3月31日にも京都で握手会がありますので、そちらにも遊びに来てください!」と呼びかけていた。

 ミニライブ後にはメンバーが2人1組となり、初の握手会がスタート。普段は見られない組み合わせとあってお笑いファンからアイドルファンまでが列を作り、会話を弾ませた。

ORICON NEWS

トピックスRSS

ランキング