窪田正孝「疎遠な人」連絡先を整理したい 友人少なく葛藤も…携帯中身は高校から変わらず

ORICON NEWS / 2020年2月15日 12時4分

“疎遠になった友人”を整理したいと話した窪田正孝 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の窪田正孝、三池崇史監督が15日、東京・歌舞伎町で行われた映画『初恋』(28日公開)歌舞伎町クリーンイベントに登場。歌舞伎町の清掃を終えて、掃除好きの窪田へ「今、きれいにしたいことは?」と質問が飛ぶと携帯電話に登録している連絡先で“疎遠になった友人”を整理したいと話し照れていた。

【写真】歌舞伎町クリーンイベントでやる気満々の窪田正孝ら

 携帯の中身(データ)をきれいにしたいそうで「高校生の時からずっと変わらずで、連絡先を交換しても疎遠になってしまった人とかいるじゃないですか。そのままなんですよ、(アドレスなど)全部が。なので、ちょっと連絡をもうしない人とかは…ね。人のあれ(人間関係)もね、きれいにしていかないと、分けていかないと思います」と笑いながら説明。

 三池監督から「あれ?でも、友達とかあんまりいないじゃん」とイジられるも「少ないですよ!」ときっぱり。「なので、本気で(連絡先整理を)してしまうと、みんないなくなってしまうので、ほどよく、バランスよく、携帯の中の掃除をしたいです」と伝えた。

 この日は、主演映画の物語かつ撮影の舞台である歌舞伎町へお返しするために、歌舞伎町の街を約1時間歩き、道に落ちていたタバコの吸い殻、紙くず、空き瓶や缶、ペットボトルなどを拾い清掃した。

 白いウィンドブレーカー、軍手、ごみ袋、トングを手にして、ボランティア約60人とともに額に汗をかきながら清掃を終えて窪田は「細々としたごみが残っていました。小さいことですが、(清掃を)やることによって気持ちよくなるし、きれいになることはいいこと。少しでも活動に参加できてうれしかったです」と満足していた。

 映画の物語の舞台は新宿歌舞伎町。天涯孤独のプロボクサー・葛城レオ(窪田)は、負けるはずのない相手との試合でKO負けを喫し、さらには余命いくばくもない病に侵されていることを知る。そんな中、男に追われる少女・モニカ(小西桜子)に出くわす。ヤクザとチャイニーズマフィア、悪徳刑事らも登場し、ならず者の争いに2人が巻き込まれていく。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング