1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 映画

石田ゆり子、吉永小百合との“自撮り”に喜び「こういう日が私の人生にくるんだ」

ORICON NEWS / 2021年4月14日 18時7分

吉永小百合との“自撮り”に歓喜した石田ゆり子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の石田ゆり子が14日、都内で行われた映画『いのちの停車場』(5月21日公開)完成披露試写会に登壇した。

【集合ショット】吉永小百合、松坂桃李、広瀬すずが豪華キャスト陣が登場!

 吉永小百合が演じる医師・咲和子の幼なじみで、プロの女流囲碁棋士を演じた石田。「私の役はモデルになる方がいらっしゃいまして、小川誠子さんという女流棋士の方です。同一人物ではないですが、小川さんに失礼がないように。実際に小百合さんのお友だちでもあったので、違和感がないようにという話は(監督と)しました」といい、役作りをしていったという。

 また、吉永と“自撮り”をするシーンがあり「すごくうれしかったです。吉永小百合さんは10代のころからの憧れで、こういう日が私の人生にくるんだと。とても幸せな時間でした」と吉永との共演した喜びをかみしめていた。

 この日は、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行、成島出監督も登壇した。

 原作は、都内の終末期医療専門病院に勤務する現役医師・南杏子氏の小説。今の日本の長寿社会における現代医療制度の問題点、尊厳死・安楽死などに向き合い、これらに携わる医師、患者、家族が織りなすヒューマンドラマが描かれる。救命救急医として勤務し、とある事情で実家に戻り、在宅医療を通して患者と向き合う白石咲和子を吉永、咲和子を追いかけてきた医大卒業生の野呂聖二を松坂、訪問看護師の星野麻世を広瀬が演じている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング