1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

広瀬アリス主演ドラマ『連続ドラマW 完全無罪』風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾ら出演

ORICON NEWS / 2024年5月21日 10時30分

ドラマ『連続ドラマW 完全無罪』(下段左から)風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾の出演を発表(C)WOWOW

 俳優の広瀬アリスが主演を務める、WOWOWのドラマ『連続ドラマW 完全無罪』(7月7日スタート、毎週日曜 後10:00、全5話※第1話無料放送)に、風間俊介、音尾琢真、財前直見、鶴見辰吾らが出演していることが明らかになった。新たな映像も解禁となった。

【動画】『連続ドラマW 完全無罪』予告編

 同ドラマは、大門剛明氏の「えん罪」ミステリー小説(講談社文庫)が原作。『星の子』『MOTHER マザー』の大森立嗣が監督を務め、脚本も担当した。

 広瀬が演じるのは、最大手法律事務所に所属する期待の弁護士・松岡千紗。同事務所のシニアパートナー・真山健一から、21年前に香川県で起こった少女誘拐殺人「綾川事件」のえん罪再審裁判の担当に抜てきされたことから、物語は動き出す。



 じつは、「綾川事件」と同時期に、立件されていない少女誘拐事件があり、千紗は被害者の1人だった。千紗は10年ぶりに故郷の香川の地を踏み、地元の法律事務所の同僚・熊弘樹の力を借りながら、当時の事件について調べ直していく。

 事件は同一犯の可能性が高いとされ、自分を殺めようとしたかもしれない容疑者と向き合うことになる千紗。無実を主張する平山を自分は信じられるのか――。千紗は、弁護士としての職業倫理と、自らの過去との狭間で葛藤しながら、真相に迫っていく。

 被害者サポートセンターで働きながら、千紗と再審請求審で対峙する元県警刑事・有森義男役を奥田瑛二、少女誘拐殺人の犯人とされながらも無実を主張する容疑者・平山聡史を北村有起哉を演じる。

 昨年末に独立、新たな環境でドラマ・映画、舞台、情報番組等幅広く活躍を見せ
る風間は、千紗の同郷の先輩で、地元で弁護士をしている熊弘樹を演じる。事件を調べ直す千紗の手助けをする良き相棒となる。

 風間は「誰を信じ、何を信じ、何を正義とするか。台本を読んだ時も、撮影をしている時も、自分自身の信念と向き合う機会が多かった」と撮影を振り返る。

 演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、大河ドラマ『どうする家康」(NHK)等多くの話題作に出演する音尾は、有森の下で綾川事件を担当していた元刑事・今井琢也役。「個人的には奥田瑛二さんと2人のシーンがある事が楽しみの一つでした。実際の撮影時も勉強させていただきつつ胸を借りる気持ちで臨めたのが幸せな体験です」とコメントしている。

 公開中の映画『湖の女たち』に続いて大森監督とのタッグを組む財前は、少女誘拐事件の被害者・池村明穂の母で被害者サポートセンターで働く池村敏恵役で、奥田演じる有森とのシーンが多かったといい、「奥田さんの懐の広さに甘えさせていただきました」と話している。

 千紗が働く大手法律事務所のトップである真山健一を演じる鶴見は「主演の広瀬アリスさんは、間違いなく新境地を見つけたはずだ。北村有起哉の演技も見ものだ」と太鼓判を押す。

 また、広瀬演じる千紗の父・松岡茂役をおかやまはじめ、母・松岡ゆう子役を池谷のぶえ、千紗が弁護を担当する被告人・田村彪牙役を夏生大湖、地方局の記者・中垣内役を菅原大吉、千紗が務める法律事務所の弁護士・瀬戸口規夫役を堀部圭亮が務める。

■風間俊介(熊弘樹役)のコメント

 誰を信じ、何を信じ、何を正義とするか。台本を読んだ時も、撮影をしている時も、自分自身の信念と向き合う機会が多かった作品です。この作品に関わった人たち、それぞれの信念を大森監督が束ねて下さり、上質で濃厚な時間を過ごさせていただきました。信念と正義を揺さぶる『完全無罪』。皆様の信念と照らし合わせて観ていただけたらうれしいです。

■音尾琢真(今井琢也役)のコメント

 出演依頼を受けて台本を読ませていただいた時、個人的には奥田瑛二さんと2人のシーンがある事が楽しみの一つでした。実際の撮影時も勉強させていただきつつ胸を借りる気持ちで臨めたのが幸せな体験です。大森監督にも、全て任せてディレクションについていけば良いのだという安心感を感じられました。今後ともよろしくお願いします。

■財前直見(池村敏恵役)のコメント

 大森監督からお声がかかったなら、監督の撮影の速さのように速答「やります」です。私は、奥田瑛二さん演じる有森さんとのシーンが多かったのですが、役柄のように奥田さんの懐の広さに甘えさせていただきました。この作品に「人は人を救うが人が人を陥れるのも真実」「世の中に疑問を持ち真実を見極める力を持て!」と、教えてもらった気がします。皆さん「生きるって事は本当は素晴らしい事でしょう?」

■鶴見辰吾(真山健一役)のコメント

 大森立嗣監督の作品なら、台本を読む前から二つ返事でやる気だった。そして台本を読み進めれば、その内容のおもしろさに、やる気はさらに増していった。が、同時に「こりゃ大変だぞ」と、演じる上での責任の大きさも感じた。主演の広瀬アリスさんは、間違いなく新境地を見つけたはずだ。北村有起哉の演技も見ものだ。大森監督は、素材の旨みを引き出す名料理人だ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください