『ねこの写真ヘタクソ選手権』で10万いいねの写真 目がピカーンな1枚が雰囲気ありすぎてラスボス感漂う

おたくま経済新聞 / 2017年10月24日 11時44分

写真

ふじこうさん(@fjk7m2)より。

 今ツイッター上で大流行している『#ねこの写真ヘタクソ選手権』。

 筆者も編集部もネタ探しに勤しんでいると度々このタグと面白味わいのある写真の数々に遭遇してしまいにやけた顔がなかなか戻らなくなってしまうという事態に陥ってしまっていますが、中でも写真家のふじこうさん‏(@fjk7m2)が「イッヌも入ってるけど」と一言添え紹介した写真が10万いいねを集めるほど大注目となっています。

 階段の上にいるのは猫と犬。二匹ならんで階段から下を見おろしているのですが……。フラッシュを焚いてしまったのでしょう。両者の目がピカーンと光っております。

#ねこの写真ヘタクソ選手権
イッヌも入ってるけど pic.twitter.com/pIenAcSgU4

— ふじこう (@fjk7m2) 2017年10月22日

 さらに建物も味のある昭和感満点な作り。その階段の上で隣にいる仲間の方に互いに若干首を傾げて、犬と猫の二匹が仲良く並んで目がピカーン。特に犬の方は元々の毛の色もあるのか真っ黒のシルエットにしか見えず、更に怪しげな雰囲気を醸し出しています。まるでその場を守るラスボス的雰囲気も? 犬と猫のシルエットが見おろす感じがこれから起こるナニカを予告している様にも感じさせます。

 この写真に触発されたみなさん、リプライでも「うちのイッヌも」「うちのヌコも」とやっぱり目がピカーンな写真を投稿されており、使徒襲来チックなタイムラインと化していました。

 こちらのふじこうさんのタイムライン、普段は美しい風景写真にあふれるアカウントなのでちょっと遠くに行きたくなったらこちらの写真を眺めて旅気分を味わうのもいいかもしれませんね。

キャナルシティの周辺#α7II #ファインダー越しの世界 pic.twitter.com/HZfop2ABJM

— ふじこう (@fjk7m2) 2017年10月19日

※追記・動物に向かってむやみにフラッシュ撮影を行うことは危険です。直視でフラッシュを受けた場合、動物の目に重大な健康被害を及ぼす可能性があります。安易に目を光らせるためだけに行わないでください。

<記事化協力>
ふじこうさん(@fjk7m2)

(梓川みいな)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング