アメリカ刀剣職人のガチンコ勝負!「刀剣の鉄人」シーズン3開始

おたくま経済新聞 / 2018年3月23日 12時57分

写真

刀剣の鉄人シーズン3放送開始

 アメリカを代表する刀剣職人たちが、己の技をぶつけ合うヒストリーチャンネルの人気シリーズ「刀剣の鉄人(FORGED IN FIRE)」。

 そのシーズン3(全16話)が3月30日から、いよいよ日本でも放送開始。第1話は「チャンピオンシップ・エディション」として、これまでのチャンピオンのうち4人が集結し、真のチャンピオンを決める戦いを放送します。その注目の冒頭5分が先行解禁されました。

 アメリカ屈指の刀剣職人がスタジオに作られた鍛冶場に集い、制限時間内にテーマに沿った刀を鍛え上げてその技を競うという「刀剣の鉄人」。4人の刀剣職人が、古代に武器として使われた刀剣の完成を目指し、持てる知識と技術を材料に注ぎ込んでいく真剣勝負です。スカパー!CS放送だけでなく、dTVチャンネル、Huluリアルタイム配信でも見ることができます。

 今回初放送されるシーズン3の第1話は、過去の回でチャンピオンとなった18人のうち、選抜された4人のチャンピオンが集結し、チャンピオンの中のチャンピオンを決定する「チャンピオンシップ・エディション」となっています。シーズン1の初代チャンピオン、マットに加え、シーズン2からはセーラム、バート、ベンの3人が登場。腕利きの刀剣職人が頂上決戦に挑みます。

 第2話では「ファンお気に入りの職人復活戦」と題し、過去のエピソードに出場した職人たちの間で、ファン人気の高い4人が再登場。そして第3話以降で、ついに新しい職人たちによる白熱した戦いが始まります。

 勝負を決める判定は、専門家による厳しい審査によって決定されます。第1ラウンドで自己流の刀剣を鍛え上げ、第2ラウンドではそれを武器として機能するものへと仕上げていきます。そして最終ラウンドでは、かつて人類が生み出した様々な刀剣のうち、1種類が指定され、作り上げていきます。たとえば、7〜13世紀ごろのインドでラージプートの戦士が使った一対二刃の大型ナイフ「ハラディ」、中世ドイツで用いられた刀身1メートルを超す巨剣「ツヴァイヘンダー(Zweihänder=両手剣)」などなど、そのお題自体が刀剣百科事典のようなものとなっています。

 そして、この番組の特徴は「機能にこだわる」ということ。装飾用のものではなく、ちゃんと殺傷力のある武器として機能するかどうかに判定の重点が置かれているのです。実際に人体の食感・柔らかさを模したモデルなどを用い、完成した刀剣を振るっての「試し斬り」はリアルを通り越してショッキングなほど。ファンの間でも人気となっているのが、審判を務める刀剣専門家・武道家のダグが刀剣を褒める際に使う「殺せるね!」というお決まりのセリフ。SNSでもこの直接的な表現がクセになると話題になるほどです。

 さて、3月30日19時からの放送開始に先立ち、第1話「チャンピオンシップ・エディション」の冒頭5分を特別映像がYouTubeで公開されました。公式YouTubeチャンネルで公開中の「刀剣の鉄人」シーズン1・シーズン2から選りすぐられた“厳選エピソード”と合わせて、このちょっとイカレた「真剣勝負」を感じてください。

(c) 2018 A&E Television Networks. All rights reserved.

(咲村珠樹)

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング