会社を食い物にしてやる!池袋「セガのたい焼き」でセガロゴ焼き期間限定発売

おたくま経済新聞 / 2018年8月3日 14時59分

写真

セガロゴ焼き

 「\セーガー!/」でおなじみ、ゲームをはじめとしたアミューズメント産業で根強いファンの多い企業、SEGA(セガ)。東京・池袋にある直営店舗「セガのたい焼き 池袋店」で、新たなたい焼き(?)が2018年8月8日より期間限定で販売されます。その名も「セガロゴ焼き」。まったく、会社を食い物にしやがって……。

 セガの直営店舗として運営している「セガのたい焼き」。これまでも期間限定で変わり種の「たい焼き」を販売してきました。現在は「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqours焼きを期間限定で販売中。しかしセガのたい焼きでは、ただのたい焼きとは違う、もっと「セガにしかできないもの」を作りたかったといいます。

 色々な案が検討された結果、セガグループの象徴であり、数多くのグッズとして販売され、ファンに馴染みの深いあのブランドロゴを焼いちゃおう!と決定。そして特注となるセガロゴの焼き型を発注することに。なにしろグループの象徴として長年親しまれてきたロゴですから、その再現の正確さにおいて妥協する訳にはいきません。約半年間の様々な試行錯誤を経て、ついに納得のいく「SEGA」が完成しました。

 ロゴの反対側には、セガのグループバリューである「創造は生命」という言葉をくっきりと刻み込んでいます。両面のギャップもまた面白い作りです。

 味はバニラビーンズをふんだんに使用したプレミアムクリームと、小倉あんの2種類。セガの命と哲学が詰まったこの「セガロゴ焼き」は、各300円(税込)。2018年8月8日〜9月30日の期間限定で東京・池袋の「セガのたい焼き 池袋店」(営業時間11:00〜23:00)にて販売されます。

情報提供:株式会社セガゲームス

(咲村珠樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング