「この世界の片隅に」の豪華スタッフが再集結 永遠の1028歳を主人公にしたWEBアニメ解禁

おたくま経済新聞 / 2018年10月10日 10時50分

写真

わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~

 アニメーション映画「この世界の片隅に」の片渕須直監督をはじめとする、豪華メンバーが再集結したWEBアニメーション作品「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」(1分45秒)が2018年10月10日に、オタフクソース株式会社のYouTube公式アカウントで公開されました。

 監督・脚本は片渕須直監督、キャラクター原案はこうの史代さん、音楽はコトリンゴさん、そして主人公の声を演じているのは、「この世界の片隅に」で径子を演じた尾身美詞さん、アニメーションはMAPPAが制作を担当しています。

 オタフクソース株式会社では、2018年10月よりコーポレートスローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」を新たにかかげています。本作はそれを訴求する目的で作成されました。シリーズは全3話が公開予定となっており、今回は「その1」。

 「その1」は、永遠の1028歳であるオオタフクコが主人公。オタフクそのままをイメージさせる顔立ちで、こうの史代さんの連載作品「百一 hyakuichi」(週刊漫画ゴラク)のキャラクターをモチーフに誕生したそうです。片渕監督によると「基本的にダメな人」とのこと。物語ではオオタフクコが戦後の広島で出会った「一銭洋食」(お好み焼きの原型となった鉄板料理)を通じて、一緒に鉄板を囲んだ子供たちに、小さな幸せと笑顔の輪を広げていく姿が描かれています。




 主人公同様、見ているだけで思わず舌なめずりしてしまいそうな、鉄板で調理するシーンは、「広島にあるお店を2日間で6軒回って、具材や手順、焼き方、味を取材し、自分の家でも実際に焼いて食べました。ひとくちに一銭洋食といっても、それぞれ個性があって、どれもすごく美味しかったです」という片渕監督の研究成果が存分に活かされています。

 今後は、その2を11月上旬より、その3は12月上旬より順次公開していくそうです。「時代を越え、国境を越えて旅するオオタフクコが描かれます」ということなので主人公はそのままに、色んな時代や国を舞台にフクコの人生が描かれていくようです。

■WEBアニメーション概要
タイトル:「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」 その1
公開日:2018年10月10日(水)10:00~
公開先:オタフクソースYouTube公式アカウント 

制作スタッフ:
監督・脚本 片渕須直
キャラクター原案 こうの史代
音楽 コトリンゴ
声優 尾身美詞/オオタフクコ
アニメーション制作 MAPPA

■キャラクター:オオタフクコ
長い長い時を生き続けている永遠の1028歳。自由気ままな性格で、長い長い時を生き続けているわりに、いつまでも子どものように無邪気なまま。食いしん坊で、お好み焼きを焼くのが得意。

情報提供:オタフクソース株式会社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング