容疑者はワンちゃん?悪質な事“犬”が発生

おたくま経済新聞 / 2019年7月22日 12時0分

写真

容疑者のワンちゃん

 化粧品の企画・販売をしている、株式会社バルクオムの代表取締役CEOである野口卓也さんが、自身のTwitterで“ある事件”の犯人の容疑者を絞り込んだことを報告。その事件とは……?

 株式会社バルクオムと言えば、運営するメンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」のグローバルアンバサダーに、サッカー・フランス代表のキリアン・エムバぺが就任したことでも話題になりました。

 そんな会社を経営する野口さんは7月20日、2枚の写真と共に「甚大な被害が出たものの、容疑者を2名にまで絞り込むことができました」とツイート。

 1枚目の写真には、ボロボロになった野口さんの自動車運転免許証が……。そして、2枚目の写真には、それをつぶらな瞳で見つめる可愛いワンちゃんが2匹。

甚大な被害が出たものの、容疑者を2名にまで絞り込むことができました pic.twitter.com/c68NgE2LgX

— Takuya Noguchi (@nogutaku) July 20, 2019

 そう、事件とは野口さんの免許証の器物破損。容疑者は、「たんたん」ちゃん(9ヶ月/女の子/コーギー)と、「たいやき」くん(2歳/男の子/柴犬)の2名。いや、2匹の容疑犬。

 「たんたん」ちゃんと「たいやき」くんは、写真を見る限り、まだ事の重大性に気づいていない様子。むしろ、もっと罪を重ねたいような顔で免許証を見ているようにも思えます。

 この投稿に、コメント欄では「これは事犬です!」「容疑者は『やっていない』とコーギーしているもようです」「書類送犬で勘弁してやろう」など、上手いこと言おう選手権が開催されているようです。

 ちなみに、容疑犬を2匹まで絞った野口さんですが、犯人(犬)の尻尾はまだつかめていないようで、迷宮入りしそうな予感です。

<記事化協力>
野口卓也さん(@nogutaku)

(佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング