吉野家初のお月見メニュー「月見牛とじ御膳」が9月5日から販売

おたくま経済新聞 / 2019年9月4日 14時0分

写真

「月見牛とじ御膳」

 牛丼チェーン大手の吉野家は、9月5日10 時から全国の吉野家店舗で、吉野家初となるお月見メニュー「月見牛とじ御膳」(630円/税別)を期間限定で販売します。

 吉野家では、牛丼を注文するお客さんの3人に1人は、玉子(半熟玉子、ねぎ玉子含む)を一緒に注文する傾向にあり、秋のお月見シーズンに合わせ、「牛」×「玉子」の最強コンビで新商品を開発したのが「月見牛とじ御膳」。

 「月見牛とじ御膳」は、牛とじとご飯、生玉子、大根おろし、お新香、みそ汁の6品を、御膳仕立で提供されるメニューですが、玉子が贅沢に3つも使われており、加熱した熱々ふわふわの玉子と生のとろっとろの玉子両方を牛と組み合わせて味わうことができます。

 さらに牛とじは、牛の食感と玉子を熱々ふわふわに仕上げるために施策を重ね、牛商品では始めてとなる「スキレット」による調理・提供を採用。牛と玉子の両方が最も美味しく仕上がる加熱温度と調理時間を見つけ出したとのことです。

 この牛とじの上に、月に見立てた生玉子をさらに追加し、「月見牛とじ」にするのが吉野家流のお月見。“満月”に見立てて、卵黄のみを牛とじの上にのせて濃い目の味わいを楽しんだり、月の光が空いっぱいに広がる“月夜”に見立てて、牛とじの上に溶いた玉子をのせてマイルドな味わいを楽しんだりと、生玉子ののせ方次第で、牛とじが“満月”にも“月夜”にもなります。

 なお、毎日15時~23時までは定食・御膳のご飯増量・ご飯おかわり共に無料となっています。

情報提供:株式会社吉野家

(佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング