ルンバから「動けないよ!助けて!」とエラー通知 犯人はまさかの愛猫

おたくま経済新聞 / 2020年10月29日 12時0分

写真

画像提供:ちょみぃさん(@chonpy5010)

 自宅で掃除をしているロボット掃除機のルンバから「動けなくなった」と通知が……。カメラで確認してみると、犯人(犯猫)はまさかの愛猫!Twitterユーザーのちょみぃさんが、犯行の瞬間を動画で投稿すると、10万件を超えるいいねが付き、「かわいい」と話題になっています。

 ちょみぃさんは10月26日、「ルンバから動けなくなったって連絡来ててカメラで確認したら犯人コイツ」というコメントと共に、動画を投稿しました。

 動画には、ちょみぃさんの自宅でくつろぐ愛猫のジルちゃん(2歳/メス/マンチカン)が映っていたのですが、ルンバがジルちゃんにぶつかった瞬間、逃げるのかと思ったら、寝転がってじゃれ合っています。ルンバは他の場所に移動しようとしますが、ジルちゃんが動こうとしないため、ルンバは移動することができず、そのままエラーに……。

 ジルちゃんはルンバに対して怖がる素振りは見せることなく、むしろ遊び相手だと思っている感じです。筆者のイメージでは、怖がって猫パンチしたりするのかな?と思っていたので、ジルちゃんの行動には少し驚きました。

 ちょみぃさんにお話を伺ったところ、ジルちゃんは「活発で自己主張が強く、自らおもちゃを持ってきては『遊べ!ニャーニャー!』と泣き叫んできます。また、コミュ力おばけで、とにかく人懐っこく、初対面でも全く警戒しません」と話していました。

 ルンバを初めて見た時も、「ちょっとビックリしていたような気がしますが、一瞬で慣れてました。それからは動画のようなじゃれ合いを、しょっちゅうしてます」とのこと。さすがコミュ力おばけですね。

 さらに、「基本的には、ルンバがジルにぶつかってきてじゃれ合うのがいつもの流れで、ジルからちょっかいを出しに行くことはないですが、今回のようにルンバが狭い場所の掃除をし始めると、狙ったかのように入口でくつろぎだして、ルンバを困らせることはよくあります」と教えてくれました。やっぱり、前科があったのか……。

 今回の件が、ジルちゃんの犯行だと分かった時は、「さすがに笑いました」と語るちょみぃさん。「まぁでもジルならやりかねないので、『またか』という感じだった」と話していました。

 ちなみに、Twitterの投稿は約50秒の映像ですが、音ありの完全版?が見たい人は、ちょみぃさんがYouTubeで、動画を公開しているので、のぞいてみるのも良いかもしれません。

ルンバから動けなくなったって連絡来ててカメラで確認したら犯人コイツ pic.twitter.com/8eAFjoIWuF

— ちょみぃ (@chonpy5010) October 26, 2020

<記事化協力>
ちょみぃさん(@chonpy5010)

(佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング