毎朝2000歩 コロナ禍における新運動習慣「FUN+WALK MORNING」スタート

おたくま経済新聞 / 2020年11月10日 13時0分

写真

コロナ禍における新しい運動習慣を発信するプロジェクト「FUN+WALK MORNING」

 11月9日から、コロナ禍における新しい運動習慣を発信するプロジェクト「FUN+WALK MORNING」がスタートしています。

 アサヒ飲料株式会社とスポーツ庁の「FUN+WALK PROJECT」、TOKYO FM(JFN)の「ONE MORNING」がコラボレーションして行うもので、11月9日~12月6日まで開催。毎朝2000歩あるく習慣を促進していきます。

 期間中は、毎週月曜6:35からTOKYO FM(JFN)の「ONE MORNING」内のミニコーナーで、「歩き方のアドバイス」や音楽も交えた歩きたくなるプログラムを全国的に発信。

 m-flo の☆Taku Takahashiさんが、朝歩くべき歩数2000歩(成人だと約20分)の目安となる曲を「come again」をアレンジしてテーマソングとして制作。テーマソングを聴きながらウォーキングすると自然と2000歩あるくことができる仕組みになっているそうです。

 今回の企画では「FUN+WALK アプリ」(iOS/Android)というアプリでもサポート。一日の歩いた歩数にあわせてご当地キャラが変身したり、歩いて貯めたポイントを割引クーポンと交換できたり、「歩きたくなる仕掛け」が施されています。

 期間中に「FUN+WALK アプリ」をダウンロードして 2000歩あるくと、毎日5名にアサヒ飲料の商品が抽選でもらえるキャンペーンも実施されます。アプリはTOKYO FMの特設ページ経由で配布されています。

 さらに11月30日には、誰でも参加可能のオンラインイベントを開催。イベントにはスペシャルゲストが参加予定で、一般参加者はスペシャルゲストトークや本プロジェクトのテーマソングを聴きながら楽しくウォーキングすることができるそうです。

情報提供:アサヒ飲料株式会社

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング