「お待ちしておりました」お風呂のふたで飼い主の入浴を待つ猫

おたくま経済新聞 / 2020年11月29日 7時0分

写真

お風呂で飼い主の入浴を待ついなりくん(困り顔のいなりさん提供)

 猫は水が苦手なのに、なぜか人間が入浴していると様子を見に来たりしますよね。居場所を確認しているのか、それともお風呂が温かいからなのか……。浴槽のふたに陣取り、飼い主の入浴を待つ猫の姿がTwitterで話題となりました。

 この猫さんは、ちょっと困り顔に見えるのがチャームポイントのいなりくん。2020年4月18日、マンションの住人しか開けられないゴミ箱の中で鳴いているところを、現在の飼い主さんに救出されたという茶白の男の子です。

 保護された当時は本当に小さかったのですが、約半年を過ぎてすっかり成長。最近はネズミのおもちゃを投げてもらい、飼い主さんの元へ持ってくる、という遊びがお気に入りだそうです。

 まだ子どものせいか、普段はトイレやお風呂など、どこへでもついてくる甘えん坊だといういなりくん。お風呂に先回りしていた様子を飼い主さんが「お風呂で待つ猫」とTwitterに投稿したのでした。

 いなりくん、お風呂では浴槽のふたに乗り、そこで毛づくろいをしたり、寝たりしているそうです。飼い主さんと一緒にいるのが好きなんでしょうね。

 いなりくんの入浴はどうなんだろう、と飼い主さんにうかがうと、月に1度くらいの割合で体を洗っているとか。結構早い段階からお風呂を経験したせいか、一般的な猫と違い、怖がったり暴れたりすることもないようです。

 ふたに陣取り、大好きな飼い主さんとバスタイムを楽しんでいるいなりくん。飼い主さんはその成長過程をTwitterのほか、YouTubeやInstagramでも公開しています。

お風呂で待つ猫 pic.twitter.com/joHeHJqeEl

— 困り顔のいなり (@inarinikki) November 20, 2020

<記事化協力>
困り顔のいなりさん(@inarinikki)

(咲村珠樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング