かっぱ寿司が配膳・運搬ロボット「Servi」の実証実験開始

おたくま経済新聞 / 2020年12月26日 15時0分

写真

かっぱ寿司が配膳・運搬ロボット「Servi」の実証実験開始

 回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」は、12月25日から、ソフトバンクロボティクスの配膳・運搬ロボット「Servi(サービィ)」を、USEN協力のもと、「かっぱ寿司 川崎市ノ坪店」にトライアル導入。トライアル期間に「Servi」導入によるサービス業務の効率化、お客様満足度の向上の検証を行うとのことです。

 かっぱ寿司では、コロナ禍における客ならびに従業員の安心安全のために非接触対応システム「自動案内システム」「スマホオーダーシステム」「自動会計システム」を一部店舗にて導入。客を待たせすることなく、品質の高い商品をスムーズに提供でき、同時に省人化を図れることから、顧客満足向上と労働力不足の両方に対応した未来の店舗造りを進めています。

 かっぱ寿司は、新型コロナウイルスの感染が広がる中、従業員との接触機会を減らし、少しでも客の不安を払拭したいという想いから、配膳・運搬ロボット「Servi」を導入。「Servi」の動作は滑らかで、料理や空いた食器を安定して運ぶことができ、単なる非接触型の配膳というだけでなく、“声を発するロボットが接客する”という新しい体験ができます。

 新型コロナウイルスの影響で勤務を控えるアルバイト従業員が増えている中、「Servi」の活用でサービス力を補い、配膳・運搬をロボットが行う事で、ドリンク商品などをいち早く届けることが可能。かっぱ寿司は、従業員の負担が軽減することで営業効率の最大化を図ります。

 さらに「Servi」は、高性能のセンサーを装備しており、スムーズかつ安全な移動を実現。前方死角なしで、人や物を滑らかに避け、料理などを安定的に運びます。最短60cmの幅を通過することが可能で、人とのすれ違いもスムーズ。360度どこからでも料理などの運搬物を載せられ、重い食器や複数の料理なども一度に配膳する事が可能とのことです。

情報提供:カッパ・クリエイト株式会社/ソフトバンクロボティクス株式会社/株式会社 USEN

(佐藤圭亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング