1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ふろくを組み立てると江戸のからくり人形が完成!大人の科学マガジン「ミニ茶運び人形」発売

おたくま経済新聞 / 2021年8月20日 10時30分

写真

大人の科学マガジン BESTSELECTION 04 からくりロボット ミニ茶運び人形

 株式会社学研プラスの「大人の科学マガジン BESTSELECTION 04 からくりロボット ミニ茶運び人形」が8月12日より発売されています。からくり人形の仕組みや歴史が分かる全24ページの冊子に組み立てキットがセットになった商品で、価格は税込3278円です。

 ふろく付き趣味の科学ムック本「大人の科学マガジン」の名作ふろく復刻シリーズ第4弾となる本商品は、編集部がどうしても復刻したかったという江戸時代のからくりロボット。2007年に発行された「大人の科学マガジン ミニ茶運び人形」の改定版となります。

からくり人形の仕組みや歴史が分かる冊子

「大人の科学マガジン」の名作ふろく復刻シリーズ第4弾

ミニ茶運び人形の組み立てキット付き

 ふろくを組み立てると、江戸時代のからくり人形が完成。200年以上前に出版された日本最古の機械設計書「機巧図彙」に記された茶運人形を身長13センチの手のりサイズで再現したものです。

身長13センチの手のりサイズ

 お盆にお茶をのせると前方に歩き出し、客人の前でちょこんとお辞儀。茶碗を取ると停止し、飲んで空になった茶碗をお盆に戻すと旋回して元の位置へ帰るという一連の動きがプログラムされています。

一連の動きがプログラムされた人形

 動力はぜんまいなので電池は不要。時計の調速機構を応用したテンプ、回転運動を複雑な動きに変換するカムなど、江戸時代に最先端だった科学技術が詰まった人形です。

 カタカタと歩く姿はなんとも健気。これだけの技術が江戸時代から確立されていたなんて……自分で組み立てることにより、その技術の高さを肌で感じることができます。

 セットになっている紙製の特製着物を着せれば、さらに高貴な仕上がりに。本格的なつくりを楽しめる和装と、かんたんに作成できる洋装の2種類の服がついているので、着せかえをして楽しむこともできます。

2種類の紙製の特製着物付き

 組み立て方はイラストで丁寧に説明されているため、初心者でも安心。組み立てに慣れていない方でも30分ほどで本体を完成させることができるとのこと。子どもから大人まで、親子3世代で楽しめる商品になっているそうです。

情報提供:株式会社学研ホールディングス

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング