「興奮した」「個人的には好きな方向性」 『FFVII リメイク』最新トレーラーで期待値上げるも、まさかの分作!?

おたぽる / 2015年12月9日 15時0分

写真

 サンフランシスコで、今月5日(現地時間)より「PlayStation Experience 2015」(以下、「E3」)が開催。PS4用ソフト『ラチェット&クランク』(SCE)や、8年ぶりのナンバリング最新作『エースコンバット7』(バンダイナムコエンターテインメント)の発表が行われる中、一際注目が集まったのが『ファイナルファンタジーVII リメイク』(スクウェア・エニックス)の最新トレーラー。公開されたトレーラーを観たファンからは多くの期待が寄せられているが、分作との発表もありテンションの持続が懸念されそうだ。

 シリーズ初のプレイステーション用ソフトとして期待される中、1997年に発売となった『ファイナルファンタジーVII』(当時スクウェア)。キャラクターデザインを鳥山明氏が務めた『トバルNo.1』に体験版がつけられており、その段階で期待を裏切らない仕上がりとなっていたが、発売後は体験版を遥かに凌駕するクオリティで全世界を魅了した。

 武具にはめてアビリティを覚える“マテリア”や、スノーボードなどのミニゲームはもちろんのこと、いまなお高く評価されるのは、続編となる映像作品『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』が作られることとなったストーリーにある。ヒロイン・エアリスの死や、そのエアリスを殺すセフィロス、そして闇を持った主人公・クラウド……全体的に悲しく切ないストーリーに多くのプレイヤーが涙した。

 シリーズの中でも評価が高い『ファイナルファンタジーVII』のフルリメイク作品となる『ファイナルファンタジーVII リメイク』。最新トレーラーに登場する主要キャラクターはクラウドと、右手にガトリング砲を持つバレットと少ないながら、アクションRPGのような戦闘シーンが映し出されている。その圧倒的なビジュアルに、発表された「E3」の会場では、多くの来場者がスタンディングオベーションするほどの盛り上がりを見せたという。

 ただ、キャラクタービジュアルにしても戦闘にしても、ファンの意見は分かれるところ。「やりてぇえええ」「興奮した」「バレットカッコいいじゃん。ミッドガルをノンビリ散歩してみたい」「スクエニにしてはCGにこだわりを感じないけど、個人的には好きな方向性。あとはセフィロス次第」といった声もあれば、「バレットが二枚目過ぎる」「なんか筋肉の表現が好きじゃない」「アクションみたい」「アクションゲーはやめろとあれほど!」「むしろ2Dドットでリメイクしろよ」「アクションゲームっぽくなるんか。懐古してるのっておっさんばかりだろうにいいんか?」という声もある。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング