「ジャンプ」黄金世代の執念か!? ゲーム『魁!!男塾』発売に見る「ジャンプ」の“先祖返り“

おたぽる / 2014年2月26日 22時0分

写真

 最近、"女子力"などをはじめ、女性の話題ばかりが多く、めっきり男性が弱くなったなぁ、どこかに男の血がたぎるようなイベントやゲームがないかなぁと思っていたら、なんと明日、2月27日にPS3用ソフト『魁!!男塾~日本よ、これが男である!~』が発売になるではないか!

『魁!!男塾』(以下、『男塾』)は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1985年から91年にかけて連載されていた、宮下あきら氏による人気マンガ。作品の舞台は、不良少年たちをスパルタ教育で叩き直す「男塾」。そこで、10代に見えない屈強な少年たちがオリジナル拳法を駆使し、なんかすごいバトルを繰り広げるという内容で、その男臭さも相まって多くの少年読者たちに支持された。また、オリジナル拳法に説得力を持たせるため、架空の出版社「民明書房」の書籍から解説を引用する形を取った演出は、いまだにファンの間で語り草になっているほどである。

 それにしても、なぜ今『男塾』なのか? 連載も随分前に終わっているし、続編の『曉!!男塾 青年よ、大死を抱け』も10年に「スーパージャンプ」での連載を終了している。でも、そういえばゲームでいうと、2011年に『聖闘士星矢戦記』、昨年10月には『聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ』が発売されたり、今年3月19日には「ジャンプ」の歴代ヒーローたちが集結する『Jスターズ ビクトリーバーサス』が発売になるなど、「ジャンプ」黄金期を担ったマンガの関連作品は立て続けにリリースされている。

 それにアニメでは、『聖闘士星矢Ω』(テレビ朝日系)が放送中で、『ドラゴンボール改』(魔人ブウ編)も4月から放送開始となるなど、近年は「ジャンプ」系コンテンツの"先祖帰り"が進んでいるようにも思える。これは、一体なぜなのだろうか?

 まず考えられるのが、『男塾』や『聖闘士星矢』が連載されていた「ジャンプ」黄金期世代の読者が、今もゲームをプレイしている世代だということ。ちょうどファミコンが発売された時期に小学生だった今の30代中盤~40代が、その世代にあたる。

 また、一時期、CMソングにやたらTHE BLUE HEARTSの曲が使われていたように、その世代のメーカー側スタッフも、ちょうど社内でそれなりの立場となり、ある程度好きなことができるようになってくる。そこで、自分たちが思い入れのあるタイトルをチョイスできるようになったのではないだろうか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング