「ニセミッキーさんVS本家ミッキーさんの戦いが見れるのは中国だけ」 ディズニーの黒歴史が始まる日!? 上海ディズニーオープンに立ち込める暗雲

おたぽる / 2016年1月17日 20時0分

写真

 カリフォルニア・フロリダ・香港・パリ・ハワイ・そして日本。このすべての大都市に共通しているものといえば、夢の国“ディズニーリゾート”。国・年齢・性別問わずドリーミーなひと時を与えてくれるディズニーリゾートだが、2016年6月16日、ついに上海の地でオープンされることが決定。とはいえ、本当ならば昨年オープンするはずだったことや、中国・上海といえば……というイメージもあってか、「おい、大丈夫なのか?」という声が上がっている。

 今から約10年前から計画されてきた、上海ディズニーリゾート。当初は08年の完成が見込まれていたが、土壌汚染などが原因で、工事にすら着手できない有様。計画は大きくずれ込んでいた。そして完成予定年を過ぎ、11年からようやく工事に着手し、新たに15年の開園を予定。しかしパークの規模拡大を理由に、またもや開園時期を延期していた。しかしようやく完成の目処が立ち、今月12日にディズニー公式ブログにて、16年6月16日にオープン、最初のゲストを迎え入れることが明らかにされた。

 7平方キロメートル(東京ディズニーリゾートは2平方キロメートル)にわたる広大な土地には、テーマパークをはじめ、ショッピングやダイニングが楽しめる「ディズニータウン」、庭園と輝く湖を楽しめる「ウィッシング・スター・パーク」というレクリエーションエリア、さらに『トイ・ストーリー』をモチーフにしたホテルや、人気ミュージカル『ライオンキング』が中国語で上演されるシアター「ウォルト・ディズニー・グランド・シアター」などが集結する。

 また、メインのパークは、ミッキー・アベニュー、トレジャー・コーブ、アドベンチャー・アイル、ガーデン・オブ・イマジネーション、トゥモローランド、ファンタジーランドという6つのテーマランドで構成され、パークのシンボルになる「エンチャンテッド・ストーリーブック・キャッスル(魔法がかかった絵本のお城)」や、映画『トロン』をモチーフにしたバイク型のライド「トロン・ライトサイクル・パワーラン」、日本にあるものよりも進化したカリブの海賊「パイレーツ・オブ・カリビアン バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー」など、最新アトラクションが用意され、考えただけでワクワクしてくる。

 ディズニー公式ブログでも「ディズニーが提供する最も新しい世界的な観光地」と述べており、自信満々の様子だ。また、ディズニーの最高経営責任者(CEO)であるロバート・アイガーも「中国の世界的な観光地になる」と述べ、お披露目を今か今かと待ちわびているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング