必死の番宣も実らず……綾瀬はるか主演『わたしを離さないで』6.2%の信じがたい“大爆死”!!

おたぽる / 2016年1月20日 19時0分

写真

“好感度ナンバー1女優”綾瀬はるかが主演するTBS系連続ドラマ『わたしを離さないで』(金曜午後10時~)の初回が1月15日、15分拡大で放送され、その視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、にわかに信じがたい“大爆死”となってしまった。

 同ドラマの原作は、日系英国人作家カズオ・イシグロ氏の同名小説。英国では05年に発表され、100万部を超える大ベストセラーとなり、10年には映画化された。日本国内では、06年に単行本、08年に文庫本が刊行され、14年4~6月には蜷川幸雄演出、多部未華子主演で、舞台化された。今回ドラマ化されるにあたって、舞台が英国から日本に置き換えられている。

 ストーリーは20年前、恭子(綾瀬)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)の3人が、世間から隔離された施設「陽光学苑」で、“良質な教育”を与えられ育てられた。子どもらしい生活、子どもらしい教育を享受し“普通の子ども”であったはずの彼らはある日、生まれながらに“ある使命”を与えられた“特別な子ども”であると教えられ、自分たちの“本当の運命”を知らされる。運命を知った3人は絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとする。子どもから少年・少女、そして大人になる中で“生きる意味”を模索していく3人が、運命にあらがうのか、それとも運命に従うのか? 愛情、友情、絶望、希望……生と愛が絡み合うヒューマンラブストーリーとなっている。

 綾瀬は第1話のオンエアに向け、15日はTBS系の情報番組に出まくって懸命の番宣を行った。ドラマの直前番組『ぴったんこカン・カンスペシャル』(同日午後7時56分~9時54分)にはゲストで登場し、体を張って、空中ブランコ、短距離走、テニスなどに挑戦し、次のドラマにうまくつなげたはずだった。

 事実、『ぴったんこカン・カンスペシャル』は13.4%の好視聴率をマークし、いい流れをつくったのに、肝心かなめのドラマになると、半分以上の視聴者がチャンネルを替えてしまったことになる。

 要因として考えられるのは、初回は子役の演技が延々と続き、綾瀬、三浦らの出演シーンがほとんどなかった点、ドラマ自体があまりにも重く暗い内容だった点が挙げられるだろう。ドラマを見ようとしたものの、途中で断念して、他局に替えた視聴者も少なくなさそうだ。その結果、裏の日本テレビ系・金曜ロードSHOW!『天空の城ラピュタ』(同日午後9時~11時34分)が15回目のテレビ放送でありながら、17.9%という驚異的な視聴率に押し上げた一因にもなったようだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング