これはエロなのか? ウツなのか? 闇堕ち展開に視聴者も困惑する『キルラキル』

おたぽる / 2014年3月1日 23時30分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『キルラキル』
第20話「とおく群衆を離れて」

【今週の極私的見どころ!】
 纏流子(CV:小清水亜美)の闇堕ち展開にも、アイデンティティクライシスでメンタル崩壊からの無理打ち洗脳の挙句のヤサグレみたいな、まあ不良少女的には王道なのでしょうが、なんかモヤッとするわけです。

 純潔を強引に着せられるところの流子、筆者はあれは完全に無理打ち描写だと思いました。もともと、黄長瀬紬(CV:小西克幸)の初対決でボコられる流子とか、『キルラキル』はセクシャルな暴力表現がけっこう多いなあとは思ってたんですが、ちょっと今回はさすがに「うーん」と思ってしまったわけです。

 とはいえ、着せ替えが起こる展開はやっぱり熱いんだわな。

【今週のオススメ度】
★★★☆☆

「生命繊維のバケモノ」だと暴かれた流子はアイデンティティクライシスで、ひどくヤサグレてしまいました。父の仇を討つために旅を始めたはずの流子でしたが、自分を生命繊維のバケモノにしたのもまた父・纏一身=羅暁の前夫・総一郎だったのですから、無理もありません。

 まさに「触るものみな傷つける」状態。満艦飾マコ(CV:洲崎綾)の説得も、美木杉愛九郎(CV:三木眞一郎)の気遣いにも耳を貸さず、逆に、美木杉を「全部知ってて、涼しい顔して、腹の中ではバケモノ娘とせせら笑ってたんだろう!」と怒鳴りつけます。たしかになー、10代の少女にこういうのはツラいよなー。こうして大人を嫌いになり、斜め目線が身につき盗んだバイクで走りだすんだろうなー。そんな感じで、流子はバイク屋からロケットカウルのバイクを盗み、鬼龍院羅暁(CV:朴ロ美【注:ロは王へんの路】)や針目縫(CV:田村ゆかり)をぶっ潰すため本能字学園へと向かうのでした。

 さて、大阪のNB秘密基地で反攻の機会を伺うNBメンバーと四天王達でしたが、犬牟田宝火(CV:吉野裕行)が本能字学園のシステム侵入、囚われた皐月の様子を察知するのに成功します。そこで、聞こえたのが足の指に仕込んだ秘剣・縛斬の爪が地面を削る音。この音、ウェブでも「一体なんなんだw」という声が上がりますが、ともあれ「反逆の爪を研ぐ音」だそうで。皐月の眼がビカっと光るや否や、以心伝心とばかりビカっと目を輝かせる四天王たち。どうも反撃の狼煙のようです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング