“震災復興の後押し“を掲げたアニメ『Wake Up, Girls!』が描く東北 ネットでは賞賛の声も

おたぽる / 2014年3月8日 19時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『Wake Up, Girls!』
第9話「ここで生きる」

【今週の極私的見どころ!】
 菊間夏夜(CV:奥野香耶)ちゃんの見せ場がやっときましたね!!! 彼女の活躍をずっと待っていた夏夜ファンの皆さんはさぞかし大喜びだったことでしょう。もちろん筆者もです。しかも作画が美麗な回だったこともあり、さらにテンションが上がりました。お風呂のサービスシーンもありましたしね!

 今回は夏夜の秘密が明らかになり、さらにまゆしぃ(島田真夢/CV:吉岡茉祐)のI-1クラブ脱退理由もついに語られました。どちらに関しても「秘密にするような話なのか?」「ひっぱった割に普通すぎた」といった意見もありますが、彼女たちにとっては大きな出来事だったのでしょう。うら若き乙女の心は、繊細で複雑なのです。ただ、気になるのは夏夜の手紙に入っていた写真の男性の顔がぼかされていたこと......ぼかすとなんだか怪しくないですか?

【今週のおすすめ度】
★★★☆☆

 メンバー同士のギクシャクした関係を見かねた夏夜の提案で、彼女の出身地でもある気仙沼で合宿を行うことにした「Wake Up, Girls!」(通称:WUG!/ワグ)の7人。宿泊先は夏夜の親戚が営む旅館に決定。早速メンバーたちはバスで気仙沼に向かいます。

 気仙沼に到着した彼女たちの目に飛び込んできたのは、未だ震災の爪あとが残る街の様子でした。ヤマカン(山本寛監督)、ここに来て本格的に震災ネタを取り入れてきましたね。今回、このアニメが震災復興のために制作されていたことを改めて認識したワグナー(WUG!ファン)も多かったようです。

 体力づくりやレッスンに励みつつも、合宿を楽しむメンバーたち。夜になりほかのメンバーが寝静まった中、真夢は一人でランニングに励んでいました。そんな真夢が気になった夏夜は部屋を抜け出し、様子を見に行きます。そこで夏夜は突然、真夢に秘密の手紙を手渡しました。そこには夏夜の大切な幼馴染(彼氏......ではないの?)の写真が添えられていたのです。漁船に乗っていた彼は、3年前の震災で船ごと流されました。手紙には、彼の乗った漁船のブイがアラスカに流れ着いたという旨が記されていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング