腐女子歓喜!? 男性キャラのセリフや展開にBL感むんむんの『サムライフラメンコ』

おたぽる / 2014年3月14日 23時0分

写真

――毎日、何本ものアニメが目まぐるしく放送されている現代日本。これだけ放送本数が多いと、見るのだって一苦労......。そんな悩める現代オタクのため、「おたぽる」がオリジナル作品を中心にテレビアニメ・レビュー! これさえ読めば、気になるあのアニメのあらすじから評判までがまるわかり!!※本文中には"ネタバレ"が含まれていますので、ご注意ください。

■『サムライフラメンコ』
第20話「いつか見た少年」

【今週の極私的見どころ!】
 澤田灰司(CV:鈴木晴久)のキ●ガイぶりをとくとご堪能ください。今まで出てきたどの敵よりも、嫌な意味で鳥肌立ちます。

【今週のおすすめ度】
★★☆☆☆

 灰司によってマンションの自室を爆破された羽佐間正義(CV:増田俊樹)は、ただ途方に暮れていました。無残に壊されたヒーローコレクションへの怒りもさることながら、灰司の持つ雰囲気に言いしれぬ違和感を覚えていたのです。そして、警察に護衛されてホテルに移った羽佐間の元に、またも灰司から電話がかかってきます。

灰司「僕はこの世界に残ったあなたの最後の敵です。悪があるから正義は存在できるんですよ。(僕は)もっと深いところであなたと繋がりたいんです。"仲間"じゃダメなんです。深く正義と結びつくもの。つまり"悪"」

 正義と悪の理論を恍惚とした表情で語る灰司に、ネットでは「ホモストーカー、キターー!!」「腐女子歓喜!!」と大盛り上がり! 灰司のセリフに作為的なものを感じますね。ライトノベル『ブギーポップは笑わない』との類似点も指摘され、「灰司は羽佐間の別人格なのでは?」と、展開を先読みする視聴者もいました。

 そんな中、羽佐間は灰司について警察に調べてもらったもらいますが、なんと灰司は一年前にすでに病死しているとのこと。重ねての灰司からの電話で、仲間が危ないと気づいた羽佐間は、フラメンジャーたちへ連絡を入れます。しかし、羽佐間の警告も空しく、彼らは灰司によって危険な目に遭ってしまうのです。フラメンジャーに加えて重症を負ったのが、右足を骨折した原塚淳(CV:大川透)と意識不明の重体となった要丈治(CV:小杉十郎太)。人を傷つけておきながら、ひょうひょうと電話をかけてきた灰司に、羽佐間はいきり立ちます!

羽佐間「こんなことをして何になる!!」

灰司「えー? ノリが悪いなぁ......やり方がぬるすぎましたかね。やはりここは何人か、死んでもらうしかないかなぁ。特に、後藤さんだ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング