“格闘ゲームの雄“アークシステムワークスの手がけるお手軽ゲームが続々登場【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年3月18日 22時0分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 本日3月18日のゲーム関連情報をお届け。まず、発売中のPlayStation4・PlayStation3・PC用ソフト『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』の追加コンテンツ「自由の叫び」の単体版『アサシン クリード 自由の叫び』が、PlayStation4向けダウンロード(以下、DL)タイトルとして本日より配信を開始した(PS3版は配信中、PC版は配信予定)。本コンテンツは、『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』自体がなくてもプレイ可能で、1500円と廉価なため、本作に興味のある人はまずこちらからプレイしてみてはいかがだろうか?

 DLコンテンツ関連のニュースとしては、2月13日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『マギ 新たなる世界』の追加キャラクターが公開。本作のDLコンテンツは、3月14日~3月31日の期間、無料配信を実施しているのでユーザーはかかさずチェックを。

 翻って、3月26日よりニンテンドー3DS DL用ソフトとして配信される『もののけ探偵 信太のあやかし事件帳』の公式サイトが本日オープンしたことを、アークシステムワークスが発表。本作は、大正時代を舞台にした妖怪探偵アドベンチャーで、「もののけ」の仕業による不思議な事件を、主人公の「もののけ探偵」がその謎に挑むという内容となっている。大正ロマン香る舞台設定にも注目。

 アークシステムワークスは、先日12日にWii U用DLソフト『おきらくテニスSP』やニンテンドー3DS用DLソフト『おきらくフィッシング3D』を発売。また、明日19日にもニンテンドー3DS用DLソフト『タイムアベンジャー』を発売する予定だ。アークシステムワークスといえば、『GUILTY GEAR』シリーズや『BLAZBLUE』シリーズなど、"格闘ゲームの雄"として知られているが、近年は「ARC STYLE」として手頃な値段で手軽に遊べるゲームを提供していることもあり、DL専用タイトルへの注力が伺える。格闘ゲームファン以外も、ぜひその動向に注目してもらいたい。

 また、スマートフォンゲームからは、Android版『三國志戦記』の配信が本日より「Google Play」にて開始された。本作は、2002年に発売されたPS2版のAndroidバージョン。軍師を操るタクティカルシミュレーションで、プレイヤーは劉備、曹操、孫策のいずれかに軍師として従い、天下統一を目指す。Android版ではより気軽なプレイが可能になっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング