人気タイトル人気声優勢揃い! セガ「ミラクルなガールズのフェスティバル」レポート

おたぽる / 2016年4月4日 21時30分

写真

 4月3日、セガゲームスがPS Vita用ソフト『ミラクルガールズフェスティバル』(以下、『みがる』)のイベント、「ミラクルなガールズのフェスティバル」(東京・赤坂BLITZ)を開催した。

『みがる』は、さまざまな人気アニメに登場した、美少女キャラクターたちが一堂に会して、ライブパフォーマンスを繰り広げるリズムゲーム。『きんいろモザイク』『ゆるゆり』『蒼き鋼のアルペジオ』など11タイトルの全22曲を、合計47人のキャラクターが歌って踊るライブを楽しむことができるとあって、昨年12月の発売以来、好評を博している。

 イベントは、現在好評発売中『みがる』出演声優陣によるトークやゲームチャレンジなど、スペシャルな企画満載のトークパートと、「Wake Up, Girls!」や、本作にモーションアクターとして参加した「アフィリア・サーガ」が登場するライブパートの2部構成で、3日の昼夜2回にわたって公演されたが、そのうち夜の部をレポートする。

■トークパート出演者(順不同 / 敬称略)
大坪由佳 / 大橋彩香 / 芹澤優 / 吉岡茉祐 / 永野愛理 / 田中美海 / 青山吉能 /
山下七海 / 奥野香耶 / 高木美佑 / 明坂聡美 / 松井恵理子
高橋未奈美 / 井澤詩織 / 田中真奈美 / 髙山ゆうこ / もものはるな / 山岡ゆり

■ライブパート出演者 Wake Up, Girls! / セガ・ハード・ガールズ / アフィリア・サーガ
 イベント幕開けには、『GO!GO!575』より、“うたよめ575”として大坪、大橋の2人が登場。『ミラクルガールズフェスティバル』のテーマソングにもなっている「キセキ・フェスティバル」を歌い、会場の雰囲気を盛り上げた。

 オープニングに続いて、トークパート出演者に、セガの歴代のゲーム機を擬人化したプロジェクト「セガ・ハード・ガールズ」の6名も参加して行われたのは、メンバーが2チームに分かれ、さまざまなゲームに挑戦する「ミラクルガール No.1決定戦!!」。

 チームのキャプテンと代表者が、お互いが見えない状態でお題に対してポーズをとり、2人のポーズが揃うとポイントがもらえるという、「ポーズまっちんぐ」。複数の正解があるクイズに、各チームリレー方式で一人ずつ回答していく「ミラクル☆リレークイズ」。ラリー回数を競う「卓球ラリー対決」。そしてゲーム『ミラクルガールズフェスティバル』をプレイして、COOL&FINEの数を争う「みがる COOL対決」といったゲームが行われ、魔法少女のポーズをとってみたり、微妙なドヤ顔を披露したり。一部の運動神経がアレの人の動きや、珍回答で会場を笑わせていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング