国内バイク市場40万台割れのピンチで『ばくおん!!』に期待の声!! 大反響のアニメスタートも「スズキだけは売れなそう」!?

おたぽる / 2016年4月22日 13時0分

写真

 3月半ば、日本自動車工業会は2016年度の国内バイク市場が、40万台割れとなる39万2,000台になると見通しを発表した。これは国内のバイク市場の記録が残っている1970年以来初めてのことで、82年の320万台というピーク時と比べるとおよそ13%ほどにしか満たない。しかし、99年には既に100万台を切るなど、年々減少傾向にあったため、関係者はそれほど驚いてはいないという。

 だが、バイク市場について明るいニュースもある。51cc以上クラスのバイクが増加傾向にあること。日刊工業新聞によれば、バイクの運転免許保有者はおよそ1,000万人いて、その中でも子育てが落ち着いた40代後半から50代前半がバイク回帰の期待が大きいという。そのため、各社はスポーツバイク入門機にあたる250ccクラスを中心に商品力を高めており、さらにこれが若い世代にも受けているのだ。もっとも、根本的なところで4輪車付帯免許で50ccバイクにまでしか乗れない日本では、若者のバイク離れは避けられなそうで、規制緩和をメーカーは求めているのだとか。

 しかし、このニュースにも、もともとバイクに興味がない層は、「事故らないバイクがあれば乗ってもいい」「自転車で充分」「今更バイクってのもなあ」「ただただ道楽の乗り物が未だにこれだけ売れてる方が凄いわ」とかなり辛辣。たしかに“普通”の戦略ではバイク市場の回復は難しいのかもしれない。そこでアニメファンからは「これは“あのアニメ”の世界的ヒットに掛かってるな」という声が上がっている。

 あのアニメとはもちろん、2016年4月より放送を開始しているTVアニメ『ばくおん!!』(TOKYO MXほか)。「ありそうでなかった“女子高生×バイク”で贈る、爽快ハイテンション学園コメディー」をキャッチコピーに、2011年にマンガの連載がスタート。全国にバンドブームを引き起こした(?)、少なくともギターなどの楽器の売上に貢献したTVアニメ『けいおん!』(TBS系)に続き、『ばくおん!!』にもバイク市場への貢献は期待されている。

 バンド活動というよりは、女子高生たちのゆるゆるとした部活風景を描いた日常系アニメの『けいおん!』に対し、『ばくおん!!』は日常系ながらも、“バイク乗りあるある”に始まり、特定のバイクやメーカーへの容赦ないディスりが描かれるなど結構マニアック。そしてこれに目をつけたのがメーカーだった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング