“東洋のディズニー“東映がディズニー、マーベルらとタッグ!西川貴教も登場した『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』製作発表会見

おたぽる / 2014年3月27日 17時0分

写真

 4月2日よりテレビ東京系で放送が開始されるアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』の制作発表会が、3月26日に東京コンラッドにて行われた。

 本作は、日本製作によるマーベル初のテレビアニメ。アイアンマン、ソー、ハルク、キャプテン・アメリカといったマーベル・ヒーローたちで結成された"アベンジャーズ"と、日本人の主人公・アキラたち5人の少年が力を合わせ、地球征服を目論むロキとの戦いを繰り広げるというストーリーだ。

 作品内容もさることながら、ディズニー、マーベル、東映アニメーション、テレビ東京、バンダイの豪華な製作陣にも注目。記者発表会ではそれぞれの代表者が登壇した。製作の音頭を取るウォルト・ディズニー・ジャパンのエディ・カックス氏は「この製作陣は最高のチーム"アベンジャーズ"です」と満足げで、今後は日本だけでなくアジアでの展開も予定しているとコメントした。

 テレビ東京のアニメ局長・川崎由紀夫氏は「クオリティの高い作品となった。ゴールデンタイムへ続く番組として期待している」と、本作が同局の看板番組となることへ期待を寄せ、アニメ制作を務める東映アニメーションの取締役副会長・森下孝三氏は「東映はもともと"東洋のディズニー"を目指していた。それがこうしてディズニーとパートナーが組めることに、隔世の感がある」と語り、感慨深げ。

 番組と連動したメンコ型玩具「バッチ魂バット」の販売やゲーム筺体を展開するバンダイ代表取締役副社長の田口三昭氏は「小学生男児をターゲットに、データカードダス、カプセル自販機、玩具菓子、アパレル商材、日用雑貨などトータルで展開し、小学生男児を取り巻くシーンを『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』で埋め尽くしたい」と、並々ならぬ展望を語った。

 そして、アメリカからはマーベル・エンターテインメントのシニア・バイスプレジデントであるC.B.セブルスキー氏がこの日のために来日。日本への留学経験もある同氏は「子供の頃からマーベルコミックスと日本のアニメが好きでした。『宇宙戦艦ヤマト』『ジャングル大帝』『ガッチャマン』といった日本のアニメのファンでもあった」、「前々から、日本のクリエイターとマーベル作品を作りたかった」と語り、この作品はさまざまな夢や希望が叶った集大成的な作品であることを明かした。

 製作陣の発表が終えると、本作のOPソング「突キ破レル-Time to SMASH!」と、EDソング「Thread of fate」を歌うT.M.Reolution、西川貴教が登場。「日本の歌手を代表して、マーベル作品の主題歌を歌わせてもらえることは光栄だ」と謙虚に語る一方で、声優としての出演への興味について尋ねられると、関係者の方を向きながら「テレ東さんからオファーがあればぜひ! あれ、皆さん顔をそむけてませんか!?」と、製作陣へアピールする一幕も。

 アメリカと日本のクリエイティブたちがチームを組んで贈る『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』。4月2日からの放送と、今後の展望に注目を!
(取材・文/高橋ダイスケ)

■『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/dw_avengers/

おたぽる

トピックスRSS

ランキング