ゲーム業界は今日も元気にゾンビが徘徊中! サバイバルホラーゲームの話題が多数【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年4月10日 22時0分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 本日4月10日のゲーム関連情報では、"ゾンビ"を扱ったゲームの情報がそれぞれ盛り上がりを見せた。

 まず、昨日ティザーサイトが公開された『H1Z1』の詳細が明かされたというニュースから。今回公開されたのは、本作の舞台が致死性ウィルス「H1Z1」が発生してから15年後のアメリカだということ。そしてそのゲーム内容は、ゾンビとの戦闘はもちろん、樹木を伐採して資源を得たり、所有権を有するゲーム内の建物を拠点にほかのプレイヤーと連携ができたりと、サンドボックススタイルのゲームになるという。まずは近日中にPC版がプレイ可能となり、続いてPlayStation4版でのリリースも視野に入れているとのことなので、続報を心待ちにしたい。

 一方で、『バイオハザード』のディレクターを務めたことで知られる三上真司氏が手掛け、年内に発売が予定されているPS3・4、Xbox360、PC用ソフト『サイコブレイク(海外版は『The Evil Within』)の続報も。今回プレイ映像が公開され、その過激な内容が話題に。クリーチャーが跋扈し、血しぶきや臓物などのグロテスクな要素がてんこ盛りで、本作が純粋なサバイバルホラーを追求したものであることが十分に伝わる内容となっている。映像や演出もかなり過激になりそうなので、サバイバルホラーファンは心して待とう。

 また、日本では2013年にリリースされ、絶大な人気を誇るサバイバルアクションのPS3用ソフト『The Last of Us』が、海外でPS4用にリマスターされるというニュースも話題となった。海外での発売は今夏で、日本での発売は未定。このPS4版は、画像の高解像度化、クリーチャーのグレードアップなどがなされ、PS3版のダウンロードコンテンツ「Left Behind」(邦題:「残されたもの」)やマップパックなども収録されるという。PS3版をやり損ねた人は、こちらでグレードアップされたゾンビたちを相手にしてほしい。

 以上、本日は奇しくもゾンビに関するゲーム情報が同時に公開され、話題をさらった一日となった。

■今回紹介した各ゲームの公式サイトは以下より。
・『H1Z1』
https://www.h1z1.com/home
・『サイコブレイク』
http://psychobreak.com/
・『The Last of Us』※日本版
http://www.jp.playstation.com/scej/title/thelastofus/

おたぽる

トピックスRSS

ランキング