「乙女ゲームは、少女マンガの延長なんです」“疑似恋愛“ではない、乙女ゲーム消費のリアル

おたぽる / 2014年4月12日 16時0分

写真

――吉祥寺商店街で、幼なじみと10年越しの恋。運命の赤い糸、信じますか?

 そんなお馴染みのキャッチコピーで人気を博す『吉祥寺恋色デイズ』や、契約結婚から始まる若手実業家や若手政治家との恋模様を描く『誓いのキスは突然に』(共にボルテージ)など、ちまたで噂の「ケータイ乙女ゲーム」。最近はテレビCMでもよく流れ、"別カレ"なんてジャンルで注目を集めています。

「確かによく見るけど、あれってつまりオタク用のゲームでしょ?」なんて思った皆さん! どうやら時代は変化しているようですよ。一説では、キャバクラ嬢やOLが乙女ゲームにはまっているという話も耳にします。一見リア充に見える彼女たちは、オタクなのでしょうか?

「おたぽる」ではその真相に迫るべく、よく乙女ゲームを遊んでいるというおしゃれ系女子のカナさんとナツキさんにご協力いただき、乙女ゲーム・ユーザーの実態を探ってみました。

[乙女ゲームユーザー・プロフィール]
【カナ】
25歳/OL
中学、高校、大学と女子校出身。「ジャニーズ命」の屈託ない性格。イケメン好きで、カワイイ女の子も大好きだという彼女は、自身もアイドル系の可憐な女の子。イケメン彼氏持ち。
最近の乙ゲーマイベスト:ケータイ用アプリ『復讐のキスをあなたに』(ボルテージ)

【ナツキ】
24歳/OL
中学から大学まで共学校出身。男女混合兄弟で育ち、小さい頃からゲーム好き。大人っぽい雰囲気の持ち主で、一見ゲームとは縁遠いタイプに見えるけど......? 包容力抜群の彼氏持ち。
最近の乙ゲーマイベスト:PSP版『華ヤカ哉、我ガ一族』(オトメイト)

■リア充女子と乙女ゲームとのファースト・コンタクト

――今回、ケータイ乙女ゲームのユーザーの実態を聞こうということで、カナさんとナツキさんにお越しいただきました。お2人とも彼氏持ちで、いわゆる"リア充"だと思うんですが、そもそも乙女ゲームを始めたのは何がきっかけだったんですか?

カナ 初めてケータイ用乙女ゲームをやったのは高校生の時。mixiのアプリで配信されていた『恋する私の王子様』が最初でした。当時は乙女ゲームがやりたいというより、mixi仲間で繋がっていることが大事だったんですよ。マイミクになっていると、誰がどこまで攻略しているかも表示されるので「カナの攻略度(進み過ぎてて)ヤバイ」って言われるのが楽しくて(笑)。私の場合、ゲームをやるのは「そう言われるためのネタ」みたいなものでした。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング