第2の“セカチュー”なるか!? 「なろう」発のヒット小説『君の膵臓をたべたい』の映画化・キャスト発表にファンは……

おたぽる / 2016年9月16日 16時0分

写真

 住野よるの青春小説『君の膵臓をたべたい』(双葉社)の実写映画化が発表、あわせて主演キャストが発表され、ネットを中心に話題を呼んでいる。

 小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿したところ、ラノベ作家・井藤きくの目に留まったことがキッカケで出版に至ったという同作。一見おどろおどろしいタイトルだが、それとは裏腹な感動的なストーリーが話題を呼び、口コミで拡散。無名作家のデビュー作ながら、2016年の「本屋大賞」第2位、「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2015」第2位を獲得するなど高く評価され、15年6月の発売以降60万部を突破、ベストセラー小説となった。

 物語は、重い膵臓の病を罹うヒロインの山内桜良と、桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの“僕”が主人公。過去と現在、二つの時間軸が交差する物語で、それぞれの視点で大切な人の死、過ごした時間、伝えたかった想いなど、12年の時を経て届く言葉を超えた想いが綴られる。

 主人公の桜良を演じるのは、ドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)で“めんま”を演じ大きな反響を呼んだ浜辺美波。もう一人の主人公“僕”は、現在TBS系にて放送中の日曜ドラマ『仰げば尊し』にメインキャストとして出演し、音楽ユニット「DISH//」のメインボーカルとしても活躍する北村匠海が演じる。さらに、現在の“僕”を小栗旬、桜良の親友・恭子の現在の姿を北川景子が演じ、今作で初共演を果すことに。

 監督には、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(16年)『君と100回目の恋』(17年2月公開予定)などの月川翔、脚本は『ホットロード』『アオハライド』(ともに14年公開)などの吉田智子が手掛け、映画公開は2017年の夏を予定している。

 人気作の実写化とあれば、批判的なコメントがつきもの。今回もネットでは、「何でもかんでも実写化て……勘弁してよ」「映画化反対!!」「実写化うれしいけどキャストがなんか違う」「僕の2人の顔の系違くね?」などと批判的の声が上がっているが、一方で、「映画化うれしい~!!」「これは絶対見に行く」「また見たい映画が増えた((((*゜▽゜*))))」と期待の声が多数上がっており、「キャストの子は知らないけど どんな作品になるか気になる……」「原作が良かっただけに映画はガッカリしそうな気がするけど見るわ」「どんな風に映像化されるのか、とっても楽しみ」と、好意的な意見も多い。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング