我が子は会場でもっとも輝くサイリウム! 子供と見るアイドルライブの思わぬ楽しみ方

おたぽる / 2014年5月4日 17時24分

写真

 みなさん元気に現場楽しんでますか? フリーライターの大坪ケムタと申します。現在2歳娘と0歳息子の子持ちの41歳で、目下の趣味はすっかりアイドル鑑賞。よくある「30代でももクロにハマった人」で、なんやかんや見てるうちに現在はAKB48グループから地下と呼ばれるところまでもろもろ通うように。いやー、アイドルは新種の成人病ですね、ホント。

 今回「アイドルで何かコラム書きませんか?」と誘われたものの、上で書いたとおり歴も浅いし、普段の活動もコアな人に比べればヌルいというかユルいもんだし、何を書けばいいのやら。ただ、子供が出来て以来、自分の中のテーマとして「子供と趣味、どうバランスよく過ごすか」を意識するようになったのもあって、その辺をアイドル中心で書くのはどうかな? と思いまして。

 ツイッターなんかを見てると「子供を持ったら趣味が続けられない」と言う人をよく見ます。たしかに、それまでの行動100%そのまま遂行することは不可能です。ただ、それはその分「子供という新しい趣味」を授かったからでもあるのですよね。そして「子供とそれまでの趣味をどう両立するか」を考えることは割と楽しいことだと思うのです。さらに、その点でいえばアイドルってのは結構両立しやすい。

 別に「結婚はいいよー」とか「子供はいいよー」って話をするつもりはありません。ただ「結婚や子供を理由に趣味を諦めるのは違うんじゃない?」てのはちょっと言いたいなあと。ということで、子供とアイドルを見に行ったりすることの良さや楽しさなどを書いていけたらと思います。どうぞよろしく。

■無料インストアイベントでアイドルを子供と楽しむ!

 では具体的にどんな良いことがあるのよ? という話から入ったほうがいいでしょう。子供とライブに行く時は、ライブハウスとかはまず行きません。基本ショッピングモールなどで行われる無料インストアイベントが中心。

 もちろん子供抱いて最前に突っ込んでいったりもしません。たとえ "ファミリーがいるのは当然のオープンスペース"でも、普段自分がいる「そっち側」というかヲタな皆様へのリスペクトは欠かせません、個人的に。気使ったり使われたりもしんどいですからね。それに何より、途中で子供が飽きた時に離脱しやすい場所がベストなんです。最前の集団やや後ろくらいで、子供を抱いて見るのが基本ポジション。

 こう書くと縛りばかり多いようですが、あらためてそうした「子供とのアイドル鑑賞」の楽しさに気づかされたのが、昨年8月の「BELLRING少女ハート」(以下、ベルハー)の大宮アルシェインストアライブ。あちこちのインストアに行かれてる方ならわかると思いますが「子供客が多いアイドル」てのも確実にいまして、たとえばETV「はなかっぱ」の曲やってたDream5や、「おはスタ」のおはガール系など、子供番組系アイドルは当然最前列に子供も集まるし、会場もメイン客として扱ってくれます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング