『ラグナロク オデッセイ』、『ゴッド・オブ・ウォー』のハード移植に関する話題に注目【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年5月15日 23時0分

写真

 本日のゲーム情報は、人気ゲームタイトル2作それぞれのハード移植に関する話題から。

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社(以下、ガンホー)から、2013年にPlayStation Vita(以下、PS Vita)用ソフトとして発売された『ラグナロク オデッセイエース』が、PlayStation3(以下、PS3)のダウンロード専用ソフトとして、7月に発売されることが決定した。

 本作は「超高速巨人ハンティング マルチプレイアクション」というジャンルで、1人、もしくは複数で大型の敵を倒し、入手した敵の素材やアイテムなどでキャラクターを強化するというハンティングアクションゲームであり、いわゆる『モンスターハンター』タイプのゲーム。

 今回リリースされたPS3版はPS Vita版とのクロスセーブ(セーブデータの移行)、クロスプレイ(協力プレイ)に対応しており、従来のプレイヤーもセーブデータを引き継いでテレビ画面で本作を遊ぶことが可能である。

 しかも、PS Vita版の早期購入特典「王宮舞踏会セット」のダウンロード経験があるSony Entertainment Networkのアカウント所持者は、通常価格3996円のところを特別価格972円(共に税込)でPS3版を購入できるのは嬉しいサービスだ。

 また5月25日に東京ビッグサイトにて開催される、ガンホーのゲームが一堂に会するイベント「ガンホーフェスティバル2014」で本作の試遊台が出展されるということなので、『ラグナロク オデッセイエース』を未プレーという人も、同イベントで本作の楽しさを体験してからPS3版を買うのもいいだろう。

 次のニュースは、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCE)のPS Vita用ソフト『ゴッド・オブ・ウォー コレクション』が本日発売されたというもの。

 本作は神々に復讐をするという衝撃的なストーリーや精密なグラフィック、迫力のあるサウンドのほか、ダイナミックなアクションで世界中のゲームファンの度肝をぶち抜いた『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズの1作目(05年発売)と2作目(07年発売)をパッケージしたタイトル。同内容のPS3版が10年に発売されたのも記憶に新しい。本シリーズは、2012年9月の時点で全世界累計出荷本数2200万本超という驚異的な記録をたたき出している。

 本作のベースとなったPS2版からPS Vita版へと移植されるにあたり、グラフィックの高解像度化や操作系統の最適化なども、きちんと施されているので、すでにプレイ済みのユーザーも新鮮な気持ちで再挑戦できるはず!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング