『弱虫ペダル』ゲーム化が発表 人気マンガ・ゲーム化の波は絶えず【ざっくりゲームニュース】

おたぽる / 2014年5月19日 22時0分

写真

――毎日発表されたゲーム関連情報の中から、注目のネタをまとめてピックアップ。ざっくりわかる本日のゲームニュース!

 今日のゲームニュースでは、人気マンガのゲーム情報が注目を集めていた。

 まず、「週刊少年チャンピオン」で連載されている、累計発行部数850万部を突破した人気スポーツマンガ『弱虫ペダル』が、株式会社バンダイナムコゲームスからニンテンドー3DSでゲーム化することが明らかとなった!

 本作は、普通のオタク少年だった主人公・小野田坂道が、中学時代に自転車競技で活躍していた今泉俊輔との自転車レース対決や、関西から引っ越してきたロードレーサー少年・鳴子章吉と友人になったことを機に、"自転車で速く走る楽しみ"を知り、自転車競技部に入部、やがてロードレーサーとしての才能を開花させてゆく正統派の熱血スポ根マンガだ。

 まだゲームの発売日や価格は未定だが、公式サイトには原作者・渡辺航先生のスペシャルコメントが掲載されており、今回のゲーム化に大きな期待を寄せていることがわかる。この作者の思いに、バンダイナムコゲームスは答えることができるかどうか? 今後の情報などに期待したい。

 また、こちらも人気マンガのゲーム情報として、「週刊少年ジャンプ」連載、アニメ放送中である『ニセコイ』のPlayStation Vita用ゲームのティザーサイトが本日、公開された。このティザーサイトでは、「ただいま鋭意製作中!」として、60日ほどのカウントダウンが行われている。カウントダウンから考えると発売は2カ月先になるのだろうか? 概要や詳細なども発表されていないため、ゲーム内容の予想なども飛び交っていた。

 マンガ原作ゲーム以外のニュースでは、株式会社スパイク・チュンソフトから発売されている、PS3/PS Vita用ソフト『Terraria』(以下、テラリア)の6月2日に実施される無料大型アップデートの情報が公開された。

 本作は海外の開発スタジオ「Re-Logic」が、PC用に発売したサンドボックスゲーム。サンドボックスゲームとは、基本的にゲーム内の行動が全てプレイヤーに一任された非常に自由度の高いゲームジャンルで、本作では広大な世界の探検や集めた資材で建築物を作ることもできる。同じサンドボックスゲームである『Minecraft』との類似を指摘されているが、『Minecraft』が建築をメインにした作りになっていることに対し、本作は戦闘や探索の要素がメインとなっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング