“アニメに救われた“新進声優・タカオユキが語った! 声優にかける想いとアニメへの偏愛

おたぽる / 2014年5月27日 20時0分

写真

 今期アニメ『ブレイドアンドソウル』の主役・アルカを演じるタカオユキ。2013年のアニメ『君のいる町』で、主人公に思いを寄せるクラスメイト・神咲七海に抜擢されて声優デビューをし、一躍注目を集めた新進気鋭の声優だ。デビューまもなくして主人公キャラを務めるなど、シンデレラ声優ともいえる彼女が声優になったきっかけから、つらい時にアニメに救われたというエピソード、"憧れオタク"と自称する自身のオタク遍歴までを聞いた。

――まず、タカオさんが声優になるきっかけとは何だったのでしょうか?

タカオユキ(以下、タカオ) もともと、中学校時代から声優のオーディションなどを受けていたりしたんです。独学だったんですが......。そんな中で、今の事務所に入ってレッスンをして、『君のいる町』のオーディションを受けたんです。実は、オーディションは、(実際に演じた神咲七海役ではなく)全然別の役で受けたんです。でも、原作を読んでいた時から私は七海がすごく好きだったんですね。それで当日、(原作者の)瀬尾公治先生が「タカオさんに七海を試しにやってもらいたい」と言ってくださって、5分間トイレで練習してやってみて、七海役をいただけました! そこから今につながっていますね。

――アフレコのレッスンなどもやられたのですね?

タカオ 声優のためのレッスンでしたね。レッスンに加えて、自分でも好きなアニメ(のセリフ)をWordで書き起こして、映像を消音にしながらアテレコしてみたり。それをマネージャーさんに送ったりしました。自分がアテレコをやりたいだけかもしれないですけど(笑)。

――マネージャーさんの反応はどうでした?

タカオ 七海はふんわりしたキャラだったんですけど、私は少年役に憧れているんです。それで、マネージャーさんには「(演じるのに)少年役もいいかもね」って言ってもらいました!

――それでは実際、声優業界に入ってみて、イメージと違った部分はありますか?

タカオ 入る前は正直、アフレコ現場が想像できなかったんです。例えば今演じている『ブレイドアンドソウル』はストーリーがシビアで、人が斬っては殺され......と、殺伐としてるんですけど、現場はすごく和やかでギャップがすごいです(笑)。最近はネットでも現場の様子を見られますけど、そういった雰囲気は実際に入ってわかったことです。

 今の現場だと、高垣彩陽さんとか井上麻里奈さんが優しくて、「腹で声を決めたらいいよ、私もそう教わったんだ」って、先輩に教えてもらえて「私は幸せ者だな」と噛みしめています。『君のいる町』の頃から、ベテランの声優さん、監督さん、音響監督さんで「こうしたら良くなるよ」と言ってくださる方も多いです。デビューしてからは、現場で成長させてもらっているな、と感じてます。

おたぽる

トピックスRSS

ランキング