“謎センス“のコピーにも注目!? 連載企画を上手に再利用して、書籍化と別冊付録で読者を惹きつける「声優グランプリ」

おたぽる / 2014年5月30日 12時0分

写真

――昨今の声優人気に伴い、気がつけば声優専門誌も定期・不定期を合わせて10誌以上が刊行されている。そんな"声優誌 群雄割拠"の時代にあって、各誌はどのような記事・企画をとりあげているのだろうか? 主要な声優誌を中心に、目玉記事や気になる企画などを紹介しつつ、各誌の特徴を分析していく――

■「声優グランプリ」2014年6月号
出版社...主婦の友インフォス情報社
発売日...5月10日(毎月10日発売)
価格......1167円+税
創刊......1994年

「声優グランプリ」(以下、「声グラ」)6月号の表紙は水樹奈々。3公演を収録した前代未聞の7枚組DVD(BD版は4枚組)『NANA MIZUKI LIVE CIRCUS×CIRCUS+×WINTER FESTA』のリリースに合わせ、巻頭特集としても登場している。

 先月のレビューで「声優アニメディア」(学研パブリッシング)が写真集攻勢を仕掛けていることに触れたが、これに対して今月の「声グラ」は竹達彩奈のフォトブック発売を本誌で発表。彼女が2年間続けた連載企画『Ayana in Fairy Tales』を1冊にまとめたもので、過去には悠木碧や寿美菜子らも同誌の連載をまとめたフォトブックを発売している。

 連載企画の書籍化にあたり、新しく撮り下ろしカットを掲載することもある。しかし、ゼロから書籍をつくる労力に比べれば圧倒的に負担が少なく、編集部にとっては「オイシイ企画」と言えるだろう。もちろん、すべての連載が書籍化されるわけではなく、利益が見込めると判断された一握りの声優に限られる。事実、「声グラ」の連載企画は約30本と多いが、これに対してフォトブックの発売は年2冊程度。多くの連載を抱えつつ"売れる声優"を見極めているのだ。

 ただし、書籍化されなかったとしても、過去の連載を上手に本誌の売り上げへと繋げるのが「声グラ」のニクいところ。たとえば、今月号の別冊付録『アイドルマスター シンデレラガールズ・DEBUT STORY』が良い例だ。この付録は、過去に不定期で掲載していた『アイドルマスター シンデレラガールズ』の記事を再構成し、新たに撮り下ろしインタビューとライブレポートを加えた小冊子である。

「声優アニメディア」でも連載をまとめた別冊付録は存在し、今月号でもアニメ『ノラガミ』出演者の短期連載をまとめた小冊子が封入されている。しかし、それでも「声アニ」の別冊付録を評価するのは装丁の豪華さだ。「声グラ」の別冊付録は紙質が良く、表紙に防水加工が施されているものが多い。手に取ったときの満足感が大きく、ファンには嬉しい保存版なのだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
おたぽる

トピックスRSS

ランキング